【鎌倉殿の13人】9話のあらすじと感想・評判 | 頼朝と義経の感動のハグ!

【鎌倉殿の13人】9話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第9話が2022年3月6日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

リアルタイムで視聴したので早速あらすじと感想をお話したいと思います。

 

【鎌倉殿の13人】9話のあらすじ

ついに鎌倉入りを果たした源頼朝(大泉洋)の一党。敵対した平家方を捕らえるため、頼朝は競わせるように和田義盛(横田栄司)と畠山重忠(中川大志)を派遣。これを知った北条義時(小栗旬)と三浦義村(山本耕史)は、祖父・伊東祐親(浅野和之)と八重(新垣結衣)を救うため急ぎ伊東へと向かう。そのころ、都を出た平家の追討軍が東海道を進軍。甲斐では、出陣を約束した武田信義(八嶋智人)が義時の父・時政(坂東彌十郎)に……
引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/09.html

 

味方を増やした源頼朝軍は遂に富士川の戦いへ!

 

1. 八重を救う夫の江間次郎

伊東 祐親を救うために館を訪れた北条義時(小栗旬)一行。しかし祐親は北条義時のその提案には乗りません。

一方、伊東 祐親から、なにかあれば八重(新垣結衣)を殺してもいいと言われている夫の江間次郎。

しかし「私にはあなたを殺すことはできない」と逃がそうとします。ところがそれを見た下人の善児に江間次郎は斬られてしまいます。

 

 

2. 伊東 祐親の命乞いをする北条義時

翌日、北条義時は源頼朝(大泉洋)に伊東祐親の命を救うように願います。

その結果、源頼朝は伊東祐親とその娘八重を三浦に預けることにします。

 

3. 侍女となった八重

ところが、八重は三浦には行かず、同じ御所内で侍女として仕えたいと言い出します。

勿論、妻である政子(小池栄子)は激怒しますが、「大人の態度」と「妻」としての余裕とプライドでそれを承諾します。

 

4. 黄瀬川出陣

10月16日、源頼朝は武田軍と合流するために黄瀬川に向けて出陣します。

武田軍に歓迎され、酒宴に誘われる源頼朝。 (それを見て周りの武士達はやっかみます。)

一方、10月20日に平維盛の追討軍が到着します。予定より早い到着に驚く源頼朝一行。

しかし武田軍は夜打ちをかけようとします。

 

5. 水鳥の音におののき逃げ出す平家軍

陣をはっていた平家軍。

水鳥達がいっせいにはばたいた音を「夜打ち」と勘違いをしておののいて撤退していきます。

(ドラマの上では、北条義時の父親と三浦 義澄(佐藤B作)が殴り合いをして水辺で転んだところを水鳥がそれに驚いて羽ばたくという設定でした。)

 

6. いったん撤退

逃げ出した平家。

そのこともあり、坂東軍の足並みが揃わなくなります。

武田軍は追い打ちを諦め、上総 広常(佐藤浩市)は 領地を守るため戻らなくてはならない状況になります。

それぞれの「家」は自分達の領地を守るのが第一なのです。

 

7. 源義経との感動の対面

源頼朝一行が、鎌倉に戻ろうとしていたところ、源義経(菅田将暉)が兄の源頼朝のところに会いに来ます。

兄弟の証拠として、藤原秀衡からの文を義経に見せます。

父の仇を兄とともに討ちたいと願う義経の言葉に頼朝は感涙し、「よう来てくれた」と、義経を抱きしめます。

 

9話の結末

9話では、源頼朝(大泉洋)と源義経(菅田将暉)の感動の対面シーン、2人がしっかり抱き合うところで終わりました。

また9話では八重(新垣結衣)の命が救われたこと、平家の追討軍が逃げ出したこと、という大事なイベントがありました。

実際には戦闘は行われず、さまざまな人間模様が描かれた回となりました。

 

【鎌倉殿の13人】9話の感想

八重の命が無事であったことにほっとしましたが、旦那さんがちょっと気の毒だなぁと思いました。(本当は彼は八重のことを愛してたんでしょうね。)

また、水鳥の音で平家軍が逃げ出したことに笑ってしまいました。案外弱いんですね。

そして最後の、源義経と兄・頼朝の対面シーン。

北条義時(小栗旬)に、「兄弟の証拠はあるのか?」と聞いた時に、義経が

「顔、顔!(顔が似てるでしょ)」って答えた時には思わず笑ってしまいました。(いやいや、似てないでしょ・・・って。笑)

 

【鎌倉殿の13人】9話の評判

それでは、今回の「9話」を見た人達の評判をひろっていきましょう。

 

 

 

のぞみん
のぞみん

私も次回が楽しみです!!

 

【鎌倉殿の13人】9話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の第9話のあらすじと感想・評判についてまとめました。

今回は「戦い」のシーンはありませんでしたが、次回はどうなるのでしょうか?

いずれは平家と戦うことになりますからね。

 

次回も見ます!

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/02 10:21時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

 

◀ 「第8話のあらすじ・感想・評判」を読む  | 「第10話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

タイトルとURLをコピーしました