【鎌倉殿の13人】10話のあらすじと感想・評判 | 八重・政子・亀と源頼朝

【鎌倉殿の13人】10話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第10話が2022年3月13日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

リアルタイムで視聴したので早速あらすじと感想をお話したいと思います。

 

【鎌倉殿の13人】10話のあらすじ

平家の追討軍を見事に退けた源頼朝(大泉洋)。これを聞いた後白河法皇(西田敏行)はほくそ笑み、平家の総帥・清盛(松平健)は都を京へ戻すことを決断。奥州の覇者・藤原秀衡(田中泯)は義経(菅田将暉)の文を一読し、静かに源平の様子をうかがう。そんな中、鎌倉では八重(新垣結衣)が侍女として頼朝のそばで働き始めるが、北条義時(小栗旬)の気づかいに亀(江口のりこ)が疑念を抱くなどそれぞれの思惑が入り乱れていた…
引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/10.html

 

第10話は平家の味方についた佐竹氏をどうしたのかということと、源頼朝と3人の女性の人間模様についてフォーカスされていました。

 

1.源頼朝と源義経との対面

第10話は源頼朝(大泉洋)と源義経(菅田将暉)との兄弟の対面から始まりました。

ともに平家討伐の共通の目標を持つことで一体感を持ちます。

 

2. 命乞いする大庭

源頼朝の敵となった大庭 景親(國村 隼)。命乞いするも同じ坂東の千葉に斬られ命尽きてしまいます。

 

3. 見返りを求めない八重

かつては源頼朝の妻であり子を宿した八重(新垣結衣)。今は源頼朝に仕えています。

それを許した現在の源頼朝の妻の北条政子(小池栄子)の度量。

現在の妻の存在を容認しつつ、ただかつて愛した男(源頼朝)に仕えたい、平家討伐に協力したいという八重の純粋な想いは切なく、美しく映ります。

一方、源頼朝の現在の側室である亀(江口のり子)の存在。

 

4.北条政子に甘える源義経

小さい頃から母親の顔も知らず甘えることもなく幼少期を過ごした源義経(菅田将暉)。

兄である頼朝の妻の北条政子に姉として「甘えてもいいですか?」と膝枕をねだります。

 

5.兄弟が揃う

源頼朝の腹違いの兄弟が揃い、酒を酌み交わします。

腹違いの兄弟とは、源義経、阿野 全成(阿野 全成)と源頼朝。

これに主人公の北条義時(小栗旬)が加わっています。

 

6. 源頼朝の側室に使える八重

頼朝の側室の亀。亀の部屋を今夜訪れる予定の頼朝に対して、お酒を届けてくれと亀は八重に頼みます。

屈辱的なオーダーにもかかわらず、部屋に酒を持っていく八重。とてもけなげです。

しかし八重の姿を見て驚きあっけに取られる源頼朝。

それとは対照的に勝ち誇ったように「ありがとう八重さん」と言う側室の亀。

 

7.亀に読んでおけと書物を渡される北条政子

政子は側室の亀に「これを読んでおけ」と書物を渡されます。

側室ってそんなに正妻に対して偉そうな態度が取れるのかな?って驚きです。

 

8.佐竹と対峙する上総 広常

かつては佐竹と同胞だった上総 広常(佐藤浩市)。しかし源頼朝側についた上総 広常は佐竹 義政(平田 広明)を斬りつけてしまうのです。

これが貴族から武家社会への移行だということを思い知らされます。

 

9. こっそり八重に会いにくる源頼朝

八重にきのこのみやげを持ってきた北条義時(小栗旬)。そこにこっそりと会いに来る源頼朝(大泉洋)

頼朝は義時が八重に惚れていることを悟り、八重と一緒になるようすすめます。

 

10話の結末

10話では、まだ平家との戦をせず、平家につき源頼朝と対立した佐竹家の話と、八重、政子、亀と、頼朝をめぐる女性達の人間模様が描かれていました。

最後は頼朝の異母弟の義円(成河)という存在がいるというところで終わりました。

 

のぞみん
のぞみん

どんどん頼朝の異母兄弟が出てきますね

 

【鎌倉殿の13人】10話の感想

10話でも、まだ平家との戦闘シーンがありませんでした。

そのかわり、源頼朝と弟の源義経との対面と対話シーン、また頼朝を巡る女性(妻・政子、前の妻の八重、側室の亀)の人間模様がフォーカスされていました。

今回戦闘シーンを期待していただけに、個人的にはちょっと肩透かしな感じがしました。

 

【鎌倉殿の13人】10話の評判

10話を見た人の感想を見てみましょう。

 

 

のぞみん
のぞみん

私も待ち遠しいです!

 

 

【鎌倉殿の13人】10話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の第10話のあらすじと感想・評判についてまとめました。

次回こそ平家との戦闘シーンを期待しています。

また菅田将暉演じる源義経にどれくらいフォーカスするのか楽しみです。

 

次回も見ます!

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/02 10:21時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

◀ 「第9話のあらすじ・感想・評判」を読む  |「第10話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

タイトルとURLをコピーしました