【鎌倉殿の13人】17話のあらすじと感想・評判 | イケメン義高(市川染五郎)が討ち取られる悲劇

【鎌倉殿の13人】17話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第17話が2022年5月1日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

あらすじと感想、みんなの評判をお話したいと思います。

 

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第17話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】17話のあらすじ

源義経(菅田将暉)の軍略がさえわたり連勝に沸く鎌倉方。しかし、木曽義仲(青木崇高)の討伐により鎌倉に再び暗雲が立ち込める。義仲の嫡男・義高(市川染五郎)を危険視する源頼朝(大泉洋)は、戦勝報告のため範頼(迫田孝也)とともに鎌倉へ戻っていた義時(小栗旬)に義高の処断を命令。大姫(落井実結子)を思う政子(小池栄子)は憤り、義高を救うため奔走する。一方、頼朝に試された義時は八重(新垣結衣)ら家族を思い……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/17.html

 

第17話では、木曽義仲の息子の源義高が、源頼朝の命令によって討ち取られてしまいます。

短剣を自らに向けて「吉高が死ぬなら私も!」と父の頼朝に命乞いを願う幼い大姫の演技が圧巻です。

 

1.後白河法皇から手柄を褒められる源義経

木曽義仲を倒した手柄を後白河法皇(西田敏行)から褒められる源義経(菅田将暉)。

ご満悦な義経を諌める梶原景時(中村獅童)でしたが・・・。

第17話はそんなシーンから始まります。

 

2. 子供の顔を眺める北条義時

戦が終わって、八重(新垣結衣)との子供の顔を眺める北条義時(小栗旬)。

八重は戦によって親が亡くなり、孤児になった子どもたちを救いたいと義時に言います。

 

3. 源義高の処遇を任せられる北条義時

北条義時(小栗旬)は源頼朝(大泉洋)から木曽義仲の人質として預かっていた息子の源義高(市川染五郎)の処遇を任されます。

つまり義高を殺せということです。もちろん、頼朝は義時にただ「任せる」とだけ言うのです。

「3日やるからその間に討ち取れ」と義時は命じられてしまうのです。

 

4.源義高をかくまおうとする北条政子

 

源義高を打ち取ることを許さない頼朝の妻の北条政子(小池栄子)。

しかし義高は助けてくれようとしている政子に対して、「私は頼朝を許さない。いずれ討ち取る。だから私を殺したほうがいい」とさえ言います。

 

5.検非違使に命じられる源義経

後白河法皇は源義経(菅田将暉)を検非違使(けびいし)に任じます。

大喜びで浮かれる義経。

祝いの宴会で静御前(石橋静河)源義経の前で舞いを踊ります。静御前に目を奪われる義経。

一方で、源義経と比企能員(佐藤 二朗)の娘との婚姻が進められています。

 

6.父・木曽義仲からの手紙を読む源義高

 

この投稿をInstagramで見る

 

市川染五郎(@somegoro_official)がシェアした投稿

 

そんな時、巴御前(秋元才加)が、木曽義仲(故人)の手紙を持って北条義時(小栗旬)の元を訪ねます。

その手紙には「源頼朝をうらむな」と書かれてあったのです。

 

のぞみん
のぞみん

源頼朝よりも人間として器の大きかった木曽義仲。

 

7.源義高を逃亡させる

源義高を助けるために、北条政子(小池栄子)、八重(新垣結衣)、阿野 全成(新納 慎也)、その他多くの人達が協力し、義高を南伊豆に逃亡させる準備をします。

勿論、北条義時(小栗旬)も知っています。

しかし、途中で義高は逃げてしまいます。北条義時(小栗旬)がいずれ自分を殺すのではないかと信じられないのです。

 

8.大姫の直談判

源頼朝(大泉洋)の前に娘の大姫を連れてきた北条政子(小池栄子)。

(大姫は義高のいいなずけです)

大姫は必死で父である頼朝の前で「義高が死ぬなら私も死ぬ」と短剣を自分に向けて突きつけます。

驚く頼朝。

娘の真剣な思いに折れて、義高を討ち取らないように決めた頼朝。

しかしその頃には既に御家人によって義高は討ち取られてしまいます。

 

 

義隆を討ち取ったことは手柄なのに、結局、その御家人は頼朝の命令によって殺されてしまいます。

 

 

【鎌倉殿の13人】17話の感想

源義高が結局は助からなかったことが悲しかったです。また、大姫の父親に対しての必死の命乞いに胸を打たれました。

しかし何よりも、裏切りや謀略、理不尽なことがまかり通っている鎌倉に、何とも言えない思いになりました。

「源頼朝に逆らっては坂東では生きていけない」という覚悟をした北条義時。

「そんなの間違ってるだろー!」と叫びたくなりましたが、これがこの時代を生き抜くためには必要な割り切りのようなものだったのだろうかと考えてしまいました。

 

【鎌倉殿の13人】17話の評判

それでは今回の17話を見た人の感想・評判を見ていきましょう。

 

【鎌倉殿の13人】17話のまとめ

第17話では、源義高(市川染五郎)を逃そうと周りが働いたものの、結局討ち取られてしまったこと、また、源頼朝に逆らっては坂東では生きていけないということが御家人達や北条義時が改めて認識したことが描かれていました。

気分屋というか、理不尽な命令をする源頼朝(大泉洋)ですが、彼の矛先は次に弟である源義経(菅田将暉)に向かいます。次回第18話はその話です。

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第17話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/03 10:29時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

「第16話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第18話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました