【鎌倉殿の13人】16話のあらすじと感想・評判 | 巴御前(秋元才加)の勇姿

【鎌倉殿の13人】16話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第16話が2022年4月24日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

リアルタイムで視聴したので早速あらすじと感想をお話したいと思います。

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第16話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】16話のあらすじ

御家人たちをまとめ上げた源頼朝(大泉洋)は、弟・範頼(迫田孝也)を総大将、梶原景時(中村獅童)を軍いくさ奉行とした本軍を派兵。八重(新垣結衣)に見送られた義時(小栗旬)も従軍し先発した義経(菅田将暉)と合流する。後白河法皇(西田敏行)を捕らえて京に籠もる木曽義仲(青木崇高)、福原を拠点に復権を伺う平宗盛(小泉孝太郎)に対し、鎌倉方は義経の天才的な軍略に導かれて奮戦。畠山重忠(中川大志)らが華々しく駆ける……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/16.html

 

第16話では源頼朝が北条義時の子供に名前を授けるシーンからスタートします。

そして木曽義仲の討ち死に、平家討伐の最後の戦いの「一ノ谷の戦い」に突入します。

 

1.北条義時の子供の名前は金剛

北条義時(小栗旬)と八重(新垣結衣)の間に生まれた子供に、源頼朝(大泉洋)は「金剛(こんごう)」という名前を授けます。

 

のぞみん
のぞみん

今の時代の感覚だと、金剛…はぁ?って感じですが、名前からすると、とっても良い名前をもらったのですね

 

その後、義時と父の時政(坂東 彌十郎)は上総 広常(佐藤浩市)の一件で、御家人達が「明日は我が身」と思うような雰囲気になったと憂います。

 

↓上総 広常(佐藤浩市)の一件についてはこちら↓

 

そして自分たちもいつそのようになるか分からない、だから頼朝の源氏に取り入るしかないと話します。

 

2.源頼朝は木曽義仲を追討することを決める

源範頼(迫田 孝也)達が出陣し、源義經(菅田将暉)の先発隊に合流します。

しかし御家人達は上総 広常の件で、大将である梶原 景時(中村 獅童)に従うことはできず団結することができません。

そんな中、木曽義仲(青木 崇高)は頼朝達を敵だとは思わず、「一緒に平家を倒そう」と義経達の陣に手紙を送ります。ところが義経はその手紙を持ってきた者を斬り、首を義仲に差し替えします。

 

義仲は怒りますが、「相手の挑発に乗ってはいけない」と言います。

 

のぞみん
のぞみん

このあたりの判断は「賢い!さすが!」と思いました

 

とはいえ、義経の兵がわずか「千」という嘘の話に騙されそうになります。しかし義仲は京都を離れることにします。

 

3. 後白河法皇に謁見する源義経

木曽義仲(青木 崇高)が京都を去った後、京都に入った源義経(菅田将暉)一行。後白河法皇(西田敏行)に謁見します。

後白河法皇は義経に「休んでいけ」と言いますが、義経はそれを断り「いますぐ義仲を討ち取り、更に平家を滅ぼします」と元気よく答えます。

 

4.巴御前の勇姿と義仲の討ち死に

木曽義仲(青木 崇高)と行動をともにしていた側室の巴御前(秋元才加)。

義仲は途中で一行から離れるように巴御前に命じます。一度は拒否する巴御前でしたが、手紙を託されます。

途中で義経一行の御家人と打合いをする巴御前。とても勇ましく戦います。

 

巴御前を演じた秋元才加さん。

しかし最終的に巴御前は捕らえられてしまいます。

 

 

一方、義仲は討ち死にをします。

のぞみん
のぞみん

討ち死にのシーンは描かれておらず、暗示的なものでした。
義仲は自害しようとしていたところに矢が飛んできてそれに当たりました。そこで終わりです。

 

 

5. 源義経の騙し討ち作戦

いよいよ平家に討ち入りする源義経(菅田将暉)一行。

戦い方について御家人達と割れますが、梶原景時(中村獅童)の大人な態度で場をおさめます。

 

汚れ役を引き受ける梶原景時の演技がよく分かります。

 

そして義経は、後白河法皇に「平家に対して和議 (戦いをやめる仲直り)を命じるような手紙」を送れ、と提案します。

 

後白河法皇からの手紙が平家に届く前に、知らないフリをして平家の陣に討ち入るという「騙し討ち作戦」をするつもりです。

のぞみん
のぞみん

義経って、悪賢いですね!

 

6. 一の谷の戦いスタート!

 

源頼朝(菅田将暉)、源範頼(迫田 孝也)達を中心として、いよいよ平家軍のいる「一ノ谷」に攻め入ります。

一の谷までは攻め入って来ないだろうとふんでいた平宗盛(小泉孝太郎)でしたが・・・・。

 

のぞみん
のぞみん

「第16話」はここで終わります。

 

【鎌倉殿の13人】16話の感想

 

「第16話」で印象に残ったのは、木曽義仲のピュアさでした。

同じ「源氏」として「平家」と戦おうとするものの、結局は源義経達に討ち取られてしまいます。

のぞみん
のぞみん

今の時代だったら、源頼朝・義経よりも、木曽義仲のような人が支持されると思うのですが、この時代はこういうマインドでは乗り切れなかったんだろうなと思うと、「生まれてくる時代」と自分の性格って大事だなって思いました。

 

また、巴御前の最後(おそらく)の勇姿を見ることができました。とてもかっこよかったですが、悲しい運命ですね。

そして悲しいといえば、木曽義仲(青木 崇高)が、自害を決心し「ただ心残りといえば・・・」と言ったところで、義経達が放ったであろう矢が飛んできて、それに当たって義仲は倒れてしまいます。

のぞみん
のぞみん

義仲はなんと言いたかったのでしょうか?

 

そのシーンのあと、息子の吉高(市川 染五郎)と大姫(源頼朝と政子の娘)が遊んでるシーンが象徴的でした。

吉高が後悔しているのは源頼朝に人質として差し出した息子のことだったということでしょう。

 

【鎌倉殿の13人】16話の評判

それでは今回の16話を見た人の感想・評判を見ていきましょう。

 

【鎌倉殿の13人】16話のまとめ

16話では、木曽義仲を源義経が討ち取り、平家討伐の最後の戦いの「一ノ谷の戦い」に突入します。

次回は「一ノ谷」の合戦の本番。平家が滅びるシーンが見られますね。

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第16話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

————————————————————————
本ページの情報は2022年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(01/29 07:59時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

「第15話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第17話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました