【鎌倉殿の13人】8話のあらすじと感想・評判 | いざ鎌倉!サイコで畜生な義経?

【鎌倉殿の13人】8話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第8話が2022年2月27日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

リアルタイムで視聴したので早速あらすじと感想をお話したいと思います。

 

【鎌倉殿の13人】8話のあらすじ

挙兵した源頼朝(大泉洋)を討つため、追討軍を送る平清盛(松平健)。後白河法皇(西田敏行)は地図を広げ、丹後局(鈴木京香)らと戦況を占う。一方、奥州をたった源義経(菅田将暉)は、兄・頼朝との対面を夢見て歩みを進めていた。そのころ坂東では、上総広常(佐藤浩市)らを加え勢いを増す頼朝が、鎌倉を目指して進軍。頼朝の命を受けた北条義時(小栗旬)は、武田信義(八嶋智人)を味方に引き入れるため、再び甲斐へと向かう……
引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/08.html

 

平家討伐のために坂東勢をまとめ大軍となった頼朝勢。今回は「武蔵国」へ入って行く源頼朝と北条義時たち。

 

1. 苛立つ平清盛

源頼朝と北条義時たちが武蔵国にむかったその時、京都では平清盛は、「頼朝軍を早く討て!兵士が1万では足りない!」と苛立ちます。

一方、頼朝に望みをかける後白河方向も、なんとかする手立てはないものかと苛立ちます。

 

2. 源義経の畜生ぶり

兄の頼朝に加勢するために奥州平泉から鎌倉にむかう源義経。しかしその前に海に向います。エネルギー溢れ、自由奔放な若者。

いきなり切りつけたりするところは、ちょっとサイコパス?と思わせます。また里芋をぶっさしたりなど無骨なイメージです。

 

 

3.畠山重忠が味方に

頼朝軍に参加すると頭を下げてきた畠山重忠。若くて見栄えがいいという理由で戦陣の先頭を切ります。

しかしそれが上総 広常 にとっては面白くありません。頼朝軍の中で存在感のある上総 広常。どこまで我慢できるのでしょうか。

 

4. 武田勢が味方に

武田に味方になってもらうように頼朝から命令された北条義時。不可能ではないかと思いつつ、頼朝は「絶対大丈夫乗ってくる!」だと言います。

実際に武田の家に行くと頼朝が読んだとおり。頼朝の味方になることを約束します。

武田は関東に来る平家を蹴散らしたいだけなのか、京都まで行って平家を討伐したいのか訪ね、お互いの本音を探ろうとします。

 

5. 御所を大倉に

頼朝は方角を占いながら御所を大倉に定めます。これは他の坂東の侍たちの言うがままにならない!という意思のあらわれでもありました。

 

6. 鎌倉入りする頼朝

前回大敗をきした頼朝はわずかその一ヶ月半後に鎌倉に入ります。焦る大庭景親。そして頼朝を迎え撃つ覚悟の伊東 祐親。祐親は八重(新垣結衣)の父です。

 

7. 戦中でも妾と会う頼朝

そんな中、頼朝は妾のカメの元を訪れます。妻の政子(小池栄子)には鎌倉にはすぐに来ないように(あさって来るように)と申し伝えます。それを聞いて政子は苛立ちますが、ここまで待ったのだからと我慢します。

 

梶原 景時も味方に

最後は梶原 景時も加勢することになります。この時、梶原は大庭景親のもとを離れます。

 

8話の結末

どんどん味方が増えていく頼朝軍。また離れ離れになっていた政子と再び一緒に暮らすことになります。

しかし敵となった伊東 祐親は家人に、娘八重の婿に何かあった時には八重(新垣結衣)を殺すよう命じていきます。

八重は頼朝の最初の妻であり、かつては子供を産んだものの実の父の祐親の命令によって殺されてしまったのです。

 

【鎌倉殿の13人】8話の感想

どんどん味方が増えていくという、「勝利」の道筋が見えてくる回でした。

ただ中には必ずしも頼朝に100%同意していない武士もいて、ちょっと不安材料があります。

また、源義経のちょっとサイコパスちっくな無骨な様が見え、次回の頼朝と会うシーンがどうなるのか楽しみです。

 

ところで、「待っておったぞ〜政子」と頼朝が政子と再会するシーン。

妾と会うために日時を延長させたくせに白々しいって思ってしまいました(笑)

また、八重がどうなるのか、最後のシーンで父の祐親の家人である江間 次郎が刀の鞘あたりに手をかけているところで終わったので、まさか八重を始末してしまうのでは?と心配です。

どうなるのでしょうか?

 

【鎌倉殿の13人】8話の評判

ですよね!?やっぱりそう思いましたよね。

ですよね〜。なんだか仲間割れしちゃわないのかな?って心配になりましたよね?

 

 

ほんとっ!これ気になります!!

 

【鎌倉殿の13人】8話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の第8話のあらすじと感想・評判についてまとめました。

8話では、菅田将暉さん演じる源義経がちょっとサイコな感じで、新しい義経像を作ったような気がしました。

次回はいよいよ八重の実家、伊藤家との戦。八重の行末がとても気になります。

次回も見ます!

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/03 10:29時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

「第9話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

タイトルとURLをコピーしました