正直不動産 第4話の感想とあらすじをネタバレ!事故物件を探す女性 |風吹ジュン

正直不動産 第4話の感想とあらすじをネタバレ! テレビ番組

 

4月26日(火)にNHKドラマ『正直不動産』の第4話が放送されました。

この記事ではNHKドラマ『正直不動産』の

・ネタバレのあらすじ&ゲスト情報
・4話を見てのみんなの感想と私の感想

 

についてお伝えしたいと思います。

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第4話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「正直不動産」を観る

 

正直不動産  4話はこんな話! (あらすじ)

 

永瀬(山下智久)が勤める「登坂不動産」は、ライバル会社の「ミネルヴァ不動産」と競う形でマンションの空き部屋を販売することになりました。

 

ある日、事故物件に住みたがる年老いた女性・節子(風吹ジュン)が来店し、月下(福原遥)は節子のために、事故物件を探します。

 

そんな中、ミネルヴァ不動産の社員の花澤(倉科カナ)が、永瀬に宣戦布告を・・・。

 

4話のゲスト誰?どんな役?

 

第4話のゲストは風吹ジュンさんです。

風吹さんは、事故物件に住みたがる奇妙なおばあさんの節子役を演じます。

 

↓若い頃の風吹ジュンさん↓

風吹ジュンプロフィール

生年月日: 1952年5月12日
出身;富山県
血液型:B型
身長: 156 cm
事務所:パパドゥ

 

 

のぞみん
のぞみん

なぜ、この節子が「事故物件」ばかりを探しているのかというと、ライバルの「ミネルヴァ不動産」の回し者だったんです!!

 

正直不動産  4話の感想

『正直不動産』第4話のみんなの感想です。

 

わたしの感想

「ミネルヴァ不動産」はハニートラップ営業をしてたり、「事故物件サイト」にわざと登録して卑怯だなと思いました。

そんな中、永瀬(山下智久)は急に来る「正直者になる風」(嘘がつけない)状態に慣れたようで、「正直者も使いようによっては営業できる!」と少しずつ自信がついてきたようで、良かったと思います。

また、永瀬の「どうでもいい物権なんて一つもない!」「誰かの人生がある」という言葉に感動しました。

 

まとめ

『正直不動産』第4話では、ライバル「ミネルヴァ不動産」との競争が激化する中、老齢の女性の節子のために「事故物件」を探すという話でした。

今回教訓、学んだことは

・自然死・不慮の事故死は「事故物件」にあたらない
・発見が遅れたり長期間に渡り放置されると「事故物件」扱いになる・あんこ業者(中間業者)という存在がある
⇒食べてみないと分からないから「あんこ業者」=いいところしか伝えない・夜職の人には保育園が隣にあると向かない
・マンションを買う時には(立地、広さ、値段他)何かを諦めることが肝心
・17年超えるとリフォームが必要だから売値が安くても結局高くつく

 

ということです。

 

のぞみん
のぞみん

今回も「正直(の風)=嘘がつけない」が功を奏しハッピーエンドになってよかったです。

 

お読みいただきありがとうございました

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第4話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「正直不動産」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

「3話の感想・あらすじ」を読む |「5話の感想・あらすじ」を読む ▶

 

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました