【鎌倉殿の13人】14話のあらすじと感想・評判 | イケメン義高と可愛い大姫

【鎌倉殿の13人】14話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第14話が2022年4 月 10日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

リアルタイムで視聴したので早速あらすじと感想をお話したいと思います。

 

【鎌倉殿の13人】14話のあらすじ

嫡男・義高(市川染五郎)を鎌倉へと送った木曽義仲(青木崇高)は、平家の追討軍を撃退して上洛。敗れた平宗盛(小泉孝太郎)は、三種の神器とともに都を落ち延びる。義仲の活躍に焦る源頼朝(大泉洋)であったが、義仲と後白河法皇(西田敏行)との関係が悪化すると、弟・義経(菅田将暉)を大将とし派兵することを決断。しかし、利益のない戦に御家人たちが不満を募らせる。そんな中、義時(小栗旬)は……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/14.html

 

14話では、木曽(源)義仲と源頼朝の2人に亀裂が入り、源氏同士で戦うことになる経緯が描かれています。

スタートはいい感じで始まったのですが・・・

1. 北条義時と八重がいい感じ♡

でかける北条義時(小栗旬)を見送る八重(新垣結衣)。

2人はもうすぐ夫婦になります。

そんないい感じでドラマはスタートします。

また、途中でお腹が大きくなった八重を義時がいたわるシーンも出てきます。

 

2. 人質の源義高

木曽(源)義仲(青木 崇高)と源頼朝(大泉洋)らが源氏同士で戦わないように、義仲の息子の源義高(市川 染五郎)人質として鎌倉にやってきます。

源義高は頼朝と政子(小池栄子)の娘の大姫(落井 実結子)の許嫁になります。

最初は反対していた政子も義高の京都人(みやこびと)のような品の良さに心を変え、満足げです。

 

のぞみん
のぞみん

政子は野蛮な坂東武者が嫌いで、京都にいる品のあるような人が好きです。(だから源頼朝に惹かれたのですね)吉高も端正な顔立ちと都人のような品があったので満足だったのでしょう。

 

 

3. 木曽義仲に出し抜かれた源頼朝

木曽義仲(青木 崇高)が平家討伐のために京都に向かいます。平家一門は帝とともに都落ちをします。この際に、三種の神器を持ち去ります。

義仲はまず後白河法皇(西田敏行)に面会に行きます。

そこで後白河法皇は「平家を討ち、三種の神器を取り返せ」と義仲に命令します。

 

「三種の神器」とは

八咫鏡(やたのかがみ)
八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)
草薙剣(くさなぎのつるぎ)

 

 

義仲に出し抜かれた形の頼朝ですが、「義仲と法皇様はあうはずがない」と頼朝は心を落ち着かせます。

実は頼朝は法皇に手紙を送り、「これからは東は源氏がまとめます」と進言します。

そのおかげで頼朝は法皇から第一位の恩賞をもらいます。

 

のぞみん
のぞみん

ちゃっかりしてますね

 

ところが・・・!

義仲が法皇に「活躍したのに、自分が頼朝より恩賞の位が下なのは納得できない!」と直訴します。

 

実は義仲自身は恩賞にさほどこだわりはなかったのですが、仕えている武士達が納得行きません。

特に義仲の妾である巴御前(秋元才加)は一番そのことに納得できず怒り心頭でした。

巴御前の「怒り心頭」の勇ましさを表した秋元才加さん。

こちらの勇姿もカッコいいですね↓

 

義仲の訴えにより法皇は頼朝への第一位の恩賞を取り消します。

当然、頼朝はそれを悔しがります。

 

4. 物騒な都とあせる後白河法皇

平家が去った都は、暴力的で品のない人達が流入し物騒になりました。

これは源義仲の軍勢に途中から着いてきた武士たちだと思われ、京に住む人達から煙たがられます。

 

一方、後白河法皇(西田敏行)は平家が連れ去った安徳天皇のことは諦め、代わりに別の孫である後鳥羽上皇(尾上 凛)を天皇に擁立します。

そして三種の神器を早く取り戻すことを望みます。

 

ヤキモキしている後白河法皇の気持ちを焚きつける妾の丹後局(鈴木京香)↓

後白河法皇(西田敏行)は木曽義仲(青木 崇高)にすぐに平家を討伐せよ、と命じます。木曽義仲はすぐに平家討伐のために都を離れます。

そのスキに源頼朝(大泉洋)はここぞとばかりに後白河法皇の元を訪れます

法皇は頼朝の罪を解き、新しい位を与えます。しかも、木曽義仲の土地を頼朝に与える約束をします。

当然荒れる木曽義仲。

しかしこれが法皇の逆鱗に触れてしまい、木曽義仲は謀反者として彼を追い出し、源頼朝に助けを求めます。

 

5.木曽義仲と戦う源頼朝

後白河法皇(西田敏行)に助けを求められたと思った源頼朝(大泉洋)は木曽義仲を倒すことにします。

しかしすぐには兵の数が足りず、戦には出られないと、北条義時(小栗旬)や御家人達から反対されます。

 

政子(小池栄子)は戦になり頼朝が勝てば人質としてとっている大姫の許嫁の義高を打ち首にすることになると心配し、頼朝に詰め寄ります。

一方、御家人同士でも意見が割れ、源氏同士で争うべきではないという者、今こそ義仲を討伐しようという者とで、取っ組み合い、切り合いにになりかねないケンカになります。

 

6. 源義経が木曽義仲征伐に

源頼朝(大泉洋)は弟の源義経(菅田将暉)を大将に、木曽義仲征伐に向かわせます。

頼朝は「戦から戻ったら語りつくそうぞ」と義経に声をかけます。

それを見送る人質の源義高(市川 染五郎)は「父親は強い。義経はかなわない。戻ることはないだろう」と、まるで予言めいた言葉をつぶやくのです。

 

7.御家人達に不穏な動き

木曽義仲の討伐については、「反対」の御家人と「賛成」の御家人がまっぷたつに分かれてしまいます。

反対の御家人はつまり、源頼朝に刃向かうということです。

 

御家人同士がまっぷたつに分かれるのを見ながら北条義時(小栗旬)はどうしたものかと考え、上総 広常(佐藤浩市)に相談します。

 

【鎌倉殿の13人】14話の感想

後白河法皇がなかなかクセ者ですね。

ライバル同士を競わせ、自分の欲しいものを手に入れる…これは現在でも見られる風景ですね(笑)

それに踊らされる木曽義仲と源頼朝。

可愛そうなのは人質になった木曽義仲の息子(義高)、そしてそんなことをまだ分かってなさそうな頼朝と政子の娘の、幼い大姫。

ところで、木曽義高ってイケメン!

演じた市川染五郎(いちかわそめごろう)さん、ハマり役ですね!

 

のぞみん
のぞみん

勿論、大姫も可愛かったです!

 

【鎌倉殿の13人】14話の評判

それでは、14話を見た人の感想を見てみましょう。

 

 

【鎌倉殿の13人】14話のまとめ

14話では、

・人質として来た源義高(市川 染五郎)と頼朝の娘の大姫が仲睦まじい
・北条義時(小栗旬)と八重(新垣結衣)がもうすぐ夫婦になる(八重のお腹には赤ちゃんがいる)
・源頼朝(大泉洋)と木曽義仲(青木 崇高)が戦をすることになる。
・源義経(菅田将暉)が木曽義仲討伐に向かう
・源頼朝の御家人達が戦のせいで意見がまっぷたつに分かれてしまう。

 

が、主な出来事でした。

 

のぞみん
のぞみん

けっこう沢山のことが起きましたね!

次回は木曽義仲と源義經の戦の場面になると思いますが、どうなってしまうのでしょう….

そして木曽義高と大姫は??

次回も見ます!

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(01/29 07:59時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

「第13話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第15話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました