【鎌倉殿の13人】47話を考察しながら解説!北条政子(小池栄子)感動の演説!

【鎌倉殿の13人】47話を考察しながら解説! テレビ番組

 

この記事では2022年12月11日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第47話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第47話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】47話の考察と解説

幕府の後継者争いが発端となり、乱れる京。朝廷の象徴である内裏が焼け落ちると、後鳥羽上皇(尾上松也)は再建費用を日本中の武士から取り立てることを決める。しかし、北条義時(小栗旬)は政子(小池栄子)と大江広元(栗原英雄)の支持を得て、要求を先送りにすることを決断。泰時(坂口健太郎)をはじめ御家人たちが後鳥羽上皇との関係悪化を心配する中、三浦義村(山本耕史)は京で大番役を務める弟・胤義(岸田タツヤ)に……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/47.html

 

第47話の見どころは次の3つです。

・後鳥羽上皇が北条義時を追討する準備を始める
・北条義時が息子に後を託し後鳥羽上皇を訪れようとする
・北条政子の感動の演説

 

1 後鳥羽上皇の北条義時を追討する準備をする

 

京都では将軍位を望んでいた源頼茂(井上ミョンジュ)が謀反を起こします。。

頼茂は源頼政の孫で京で大内裏の守護の任に就いていました。

 

 

頼茂の謀反はすぐに鎮圧されますが、内裏が焼け落ちてしまいました。

後鳥羽上皇(尾上松也)はこれをきっかけに鎌倉の御家人達をバラバラにさせるために4つことを実行しました。

 

①内裏の建て直しの費用を御家人達から出させる

後鳥羽上皇は焼け落ちた内裏の建て直しの費用を御家人達から出させようとします。

 

後鳥羽上皇の狙い

後鳥羽上皇は、鎌倉の執権・北条義時(小栗旬)は建て直し費用を出すのを渋るだろうとふんでいます。しかし御家人の中にはそのことに不満を持つものもいるだろうということも見込んでいます。つまり義時と御家人達の間に亀裂を作ることが狙いです。

 

 

②北条義時に対して呪詛(じゅそ)させる

次に後鳥羽上皇は慈円(山寺宏一)に呪詛(じゅそ)を命じます。

呪詛とは相手の不幸を願う儀式のことです。

 

後鳥羽上皇の狙い

派手に呪詛の儀式を行うことで噂がたち、後鳥羽上皇は北条義時を快く思っていないということを指し示す目的です。

 

しかし慈円は後鳥羽上皇のこの行為に反対の意を示しています。

 

③伊賀光季を討ち取る

 

後鳥羽上皇(尾上松也)や、京都守護を襲撃し、伊賀光季(いがのみつすえ)を討ち取るよう命じます。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

伊賀光季は京都にいる鎌倉御家人たちのリーダー的存在だったんだよ。

のぞみん
のぞみん

しかも伊賀光季は北条義時(小栗旬)の今の妻ののえの弟!

 

そして伊賀光季は義時をたてて仕事をしていたようです

その伊賀光季を討ち取ったということは、義時をいずれ討ち取るという後鳥羽上皇の意思のあらわれす。

後鳥羽上皇は「これを義時を討ち取るノロシとせよ」と言います。

 

④院宣(いんぜん)を送る

 

ここでも抜け目のない三浦義村(山本耕史)は弟を京都の後鳥羽上皇(尾上松也)のもとに送り、内裏建て直しの費用の件についての陳情をしに行きます。

そして、いかに北条家が独断で政(まつりごと)を行っており、他の御家人の言うことを聞かないかいついても訴えました。

 

後鳥羽上皇はこれに機嫌をよくし、内裏建て直しの費用については「取り立て免除」とし、「直(じか)に縁を持っていいぞ(=御家人と上皇と直接話し合い)」と言います。

その後、三浦義村の弟の三浦 胤義(岸田 タツヤ)のところに、後鳥羽上皇の側近である藤原秀康(星 智也)がやってきて、「手を組もう」と言います。

 

そして後鳥羽上皇は三浦家や他の御家人たちに院宣(いんぜん)を送りました。

 

院宣とは?

正式には「院の宣旨(せんじ)」で、上皇や天皇が部下の名前で出す命令書のこと。

 

三浦義村(山本耕史)のところにもこの院宣が送られてきます。

義村は「上皇が私の味方につけという手紙が来た!」と喜びますが、上皇は三浦家だけではなく、8人の御家人たちに院宣を送っています。

 

のぞみん
のぞみん

これも、北条義時と御家人達をバラバラにする作戦だね。

 

2 北条義時が息子に後を託し後鳥羽上皇を訪れようとする

後鳥羽上皇(尾上松也)が送った院宣は「鎌倉追討」ではなく、「北条義時を討ち取れ」という内容のものでした。

 

北条義時(小栗旬)の息子の泰時(坂口健太郎)は後鳥羽上皇達と戦をしようと言いますが、意外なことに義時は逆に戦を避けようとします。

 

義時は姉の北条政子(小池栄子)に

「私一人のために鎌倉を灰にすることはできない」

と言い、自分が京都の後鳥羽上皇の所に直接行き、話をつけようとしています。

義時はあとは執権の座を息子の泰時に託そうとしています。

のぞみん
のぞみん

義時は自分の後を泰時にすることを喜んでいたね。

ネコにゃん
ネコにゃん

でも逆にそれは、妻ののえ(菊地凛子)の激しい怒りをかっていたね。

のぞみん
のぞみん

のえは自分の息子に後を継がせたいからね。

ネコにゃん
ネコにゃん

のえの怒りの表情が般若の面みたいでこわかったなー

3北条政子の感動の演説

 

北条義時(小栗旬)は御家人達を集めて「自分が京都に行く」ことを宣言しようとします。

しかしそこに尼将軍である政子(小池栄子)がやってきまて、義時の代わりに御家人達の前で演説します。

 

政子は最初、大江広元(栗原英雄)に考えてもらった原稿

「頼朝様が朝敵を倒し、その恩は海よりも。。」と読みますが、その原稿を置き自分の言葉で語り始めます。

↓政子が言ったことはこんなこと↓

上皇は鎌倉ではなく義時の首を狙っている。
義時あなた達のために犠牲になると言ってる。義時を憎むものもいるのは知っている。彼はそれだけのことをしてきた。
でも、この人はきまじめ。全て鎌倉を守るため。未来永劫西の言いなりになるか。
そんな卑怯者はこの坂東にいない。厳しい戦いになる。上皇様につきたいのであれば止めはしません。

 

 

御家人達は政子の言葉に動かされます。

政子が「上皇様につきたいのであれば止めはしません。」と言った後、義時の息子・泰時(坂口健太郎)が、

そんな卑怯者はここにはいない。!」

といってまとめます。

 

のぞみん
のぞみん

ちなみに裏切ろうとしていた三浦義村(山本耕史)は結局、北条義時(小栗旬)を裏切らなかったね。

ネコにゃん
ネコにゃん

いつものパターンだね。

次回(最終回)への伏線

・政子の言葉による御家人達の団結→「承久の乱」へ
・のえの北条義時に対する憎しみ

 

次回(最終回)が団結した御家人たちが、後鳥羽上皇達との戦「承久の乱」に突入します。

最終回は「承久の乱」で勝ったことで終わりになると思いますが、義時の妻ののえ(菊地凛子)は弟を亡くしており、また、自分の息子を跡継ぎにできないということで、義時に対して憎しみを抱いていると思われます。

最終回でのえと義時がどうなるのか、ここにも注目したいと思います。

 

【鎌倉殿の13人】47話の評判

第47話を見た人の感想をいくつか拾ってみます。

 

 

 

【鎌倉殿の13人】47話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の47話でのメイン・イベントは

・後鳥羽上皇が北条義時を追討する準備を始める
・北条義時が息子に後を託し後鳥羽上皇を訪れようとする
・北条政子の感動の演説
でした。
いよいよ残すところあと1話!!
のぞみん
のぞみん

最終回は必ず見ます!

 

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/01 12:35時点)
発売日: 2022/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第47話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年12月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第46話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第48のあらすじ・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました