【NHK大河ドラマ】鎌倉殿の13人 第20話で善児のターゲットは誰なのかを予想!ネットの声も

【NHK大河ドラマ】鎌倉殿の13人 第20話で善児のターゲットは誰なのかを予想!ネットの声も テレビ番組

 

次回のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で、登場人物の一人の善児(ぜんじ)が誰を狙うのかがネットで話題になっています!

 

善児というのは、八重(新垣結衣)のお父さんやその他の御家人(=武士)達の命を狙ってきた暗殺者です。

 

のぞみん
のぞみん

これまでになんと7人もの人の命を狙ってきました!

 

しばらく見えなかった善児ですが、次回(第20話)に登場するようです。いったい彼は誰を狙うのでしょうか?

予想していきます!

 

前の「第19話」をまず先に見てみる
\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第19話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

鎌倉殿の13人 善児の役柄と役割

 

梶原 善(かじはら・ぜん)さんが演じる善児(ぜんじ)は元々、伊東祐親(いとうすけちか)に仕えていました。

のぞみん
のぞみん

伊東祐親とは新垣結衣さんが演じる八重(やえ)のお父さんです。

 

命じられたら、そのターゲットの命を狙うのが彼の仕事です。

 

↓善児を演じている梶原善さん↓

善児のこれまで狙った人達

与えられた役割を淡々とやり遂げていく不気味な仕事人の善児。

 

これまでにしてきたその仕事の数々というと・・・

・八重の子供を溺死させる(八重の父親の命令により)
・工藤茂光 (伊豆の恰幅のいい武士)
・北条宗時(北条義時の兄)
・江間次郎(八重の夫)
・伊東祐親・祐清(八重の父と兄)
・上総広常 (佐藤浩市さんが演じました)

 

既に7人の命をなくすことに関わってきました。

 

 

鎌倉殿の13人 20話で善児のターゲットは誰?

SNS上では「鎌倉殿サスペンス劇場、善児の次なるターゲットは?」「来週の善児のターゲットは義経か、それとも静が産んだその子か」「善児のターゲットが義経とは限らないんじゃない? 例えば藤原秀衡とか?」「ターゲットは誰? (杉本哲太さん演じる)行家叔父なら許す」「アサシン善児の次のターゲット、義経か静御前のおなかの子か…どっちにしても鬱回確定」「善児、誰をターゲットにするんだ。おなかの子は勘弁してあげて…」といった声が次々と上がっていた。

Yahooニュース:https://news.yahoo.co.jp/articles/f94c7eb7885a6457c1699e84e30250b95c5447f1

 

善児が次に誰を狙うのか?

予想する前に、ネットではどんな予想が展開されているか先に見てみましょう。

SNSでの声

 

ネットの声は圧倒的に、「静御前が生む子供」でした。

 

鎌倉殿の13人 善児が狙うターゲットを予想・考察

善児が狙うターゲットになる可能性のある人は次の5人だと考えられます。

・源義経
・静御前
・静御前が産んだ子供
・源行家(義経の叔父)
・藤原秀衡(義経をかくまった人)

 

順番に検証していきます。

 

源義経

 

源頼朝(大泉洋)から追討命令を出された源義経(菅田将暉)。

しかし史実では義経は奥州(東北)に逃げ、追い詰められて岩手県平泉町で自害したとなっています。

従って、善児のターゲットではありません。

 

静御前

 

静御前(石橋静河)は第20話では、源頼朝(大泉洋)の前で舞を踊ります。

彼女は義経の子供を宿しています。

史実では彼女はその子供を産んだとなっています。そして出産後は京都に帰されたということです。

従って、静御前も善児のターゲットにはなっていません。

 

静御前が産んだ子供

静御前は義経との子供を産みますが、男の子だったため取り上げられてしまいます。

その子は結局、命を奪われてしまい、由比ヶ浜(神奈川県)に埋められてしまいました。

(静御前が京都に帰されたのはその後です)

かつては八重の子供も溺死させた善児。

静御前の子供の命を奪う役目は、ドラマでは善児の可能性があります。

 

源行家(義経の叔父)

 

源義経の叔父の源行家(杉本哲太)。頼朝と対立します。

ドラマでは義経に頼朝を倒すようそそのかします。

 

史実では、源行家1186年に北条時定(北条時政の甥)の手によって斬首されています。

時代的には第20話の頃なのですが、今お話したように北条時定によって討ち取られているとあるので、善児の仕事ではありません。

 

のぞみん
のぞみん

ただ、三谷さんが脚本で源行家を善児に討ち取らせる設定に変える可能性はあるかもしれませんね。

 

藤原秀衡(義経をかくまった人)

ドラマの年表では、1187年の10月に「藤原秀衡、死去」とあります。

史実でも藤原秀衡は病死しています。

ですから、善児のターゲットではありません。

 

以上、史実と照らし合わせてみつと、善児の次のターゲットは、

・静御前が産んだ子供
・源行家

 

の2人だと思います。

ただし、源行家については「北条時定(北条時政の甥)の手によって斬首」という史実があるので、三谷さんの脚本が変更にならない限り、可能性としては限りなくゼロに近いのではないかと思います。

 

まとめ

この記事では

善児が次(第20話)で誰の命を狙うのか?

 

について、ネットの声を拾ったり、予想・考察してみました。

 

のぞみん
のぞみん

余談ですが、「善児」という人は実在の人物ではなかったようですが、モデルになったのは、金窪太郎行親(かなくぼたろうゆきちか)ではなかったのか?と言われているようです

 

お読みいただきありがとうございました

 

前の「第19話」を先に見てみる
\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第19話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓


ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました