台風14号ナンマドル2022の進路予想!3連休中各地での影響は?米軍・ヨーロッパWindy進路予想図も!

台風14号ナンマドル2022の進路予想!3連休中各地での影響は?米軍・ヨーロッパWindy進路予想図も! 季節物

 

台風14号(ナンマドル)が現在、発達を増しながら北北東に進んでいます。

連休が始まる9月17日(土)には南西諸島付近を通過し、確実に九州に上陸する可能性が強まっています。

 

そこでこの記事では気になる台風の進路予想をします。

米軍、ヨーロッパ、windyなど各国の気象機関からの情報もあわせてお伝えしますので、より詳細に予想分析ができると思います。

 

台風14号ナンマドル2022の最新情報

 

こちらは2日前の9月14日(水)の天気予報です。

気象庁の予想どおり、9月14日(水)の3時に小笠原近海で「台風14号(ナンマドル)」が発生しました。

 

↓そしてこちらが現在9月16日最新の状態↓

こちらの予想によると

18日(日)21時;熊本県西に到達(非常に強い状態)
19日(月)21時:山陰付近に到達(強いまま)

 

なお、九州地方の総雨量は800mmlとかかなりの雨になりそうです。

 

進路が変わる可能性大

9月14日の時点では、週末以降の「台風14号」の進路の予想に大きな幅があるとも言われていました。

 

先ほど一番最初に引用した「ウェザーニュース」のツイッター画像の左側を見ると、白い細い線が何十にも出ているのが分かると思います。

これは、世界各国の気象機関が計算した進路のシミュレーション結果を表しています。

とはいえ、九州の沖付近で北から東に進む傾向にあるので、やはり日本列島への影響が大きくなる可能性があります。

しかし進路を変えずそのまま西に進むという予測もあります。

 

のぞみん
のぞみん

まだ分からないっていう感じですね。

 

それでは世界各国の気象機関の中から次の3つ、

・米軍合同台風警戒センター(JTWC)
・ヨーロッパWindy
・欧州中期予報センター(ECMWF)

 

この3つの気象機関の予測図を用いながら、台風の進路予想についてお伝えしたいと思います。

 

台風14号ナンマドル2022の米軍合同台風警戒センター(JTWC)情報

「JTWC」は、アメリカ国防総省の機関でアメリカ軍の気象情報機関です。

jtwc

引用: JTWC

 

こちらを見ていると、沖縄・奄美・九州〜四国・山陽・山陰地方位までに影響はあるものの、東に進路を変えずそのまま西に抜けるような予想です。

↓こちらはGoogleアースを重ね合わせたものです。

jtwc_googleearth
引用: JTWC

LOW(黄色): 24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が低い。
MEDIUM(オレンジ):台風・熱帯低気圧になる可能性はあるが24時間以上かかる。
HIGH(赤):24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性あり。
SUB TORPICAL(水色):台風と熱帯低気圧の中間。
↖(赤矢印):熱帯低気圧または台風。

 

これを見ると現在台風14号の他にも、2つの台風が発生しています。

 

現在3つの台風

日本のウェザーニュースに戻りますが・・・

 

ウェザーニュースでも3つの台風の存在について警告しています。

のぞみん
のぞみん

ちょっと気がついたのですが、台風の号数が日本とアメリカで違うみたい。。。

・台風12号(ムイファー)→ TY14W MUIFA
・台風13号(マールボック)→ TW15W MERBOK
・台風14号(ナンマドル)→ TS16W NAMANDOL

 

「JTWC」での呼び方と日本の台風の呼び方は、上のように読み替えてくださいね。

 

台風14号ナンマドル2022のヨーロッパWindy情報

「Windy(windy.com)」はチェコの気象関連会社が運営しているリアルタム天気予報サービスです。

こちらは現在(9月14日 22時)の様子ですが、24時間後の9月15日の予想は次のようになります。

 

これを見ると「台風14号ナンマドル」は確実に日本の沖縄・九州地方に接近してくるのが分かります。

ただ、連休が始まる9月17日(土)は、これ(上の9月15日)よりは日本に近づくものの、そんなに変わらない感じです。

しかし、連休最後の9月19日(月)には九州地方にモロに直撃する予想をしています。

 

台風14号ナンマドル2022の欧州中期予報センター(ECMWF)情報

「ECMWF」はヨーロッパの気象機関で、世界中の気象を網羅しています。

ECMWFsept142022

こちらは9月14日の予想図です。(9月12日をベースにした予測になっています)

↓そして連休が始まる9月17日〜9月19日の予想がこちら↓

 

9月17日(土)

ECMWFsept172022

9月18日(日)

ECMWF18sept2022

 

9月19日(月)

ECMWF19sept2022

日本に接近はしているものの、進行は西方向に行くような感じがします。

それでは連休明けの9月20日(火)はどうなっているでしょうか?

 

9月20日(火)

西方向に行くかと思われていた台風14号ですが、日本時間の20日の午後・夕方前にはしっかり日本に上陸して、東方向に進んでいます。

 

9月21日(水)

ECMWF21sept2022

更に翌日21日の夜中には東日本全域にまで進んでいます。

しかし夕方頃までには台風14号は日本をぬけていっているという予測をしています。

ECMWF21sept2022_2

ということは、現時点では連休中は東日本では台風の影響は受けず、沖縄・九州に住む人達は連休中は要注意で、西日本も地域によっては影響がある可能性があるということになります。

しかしこれはあくまでも現時点での予測ですので、今後進路や速さが変わってくると大きくズレる可能性はあります。

なお9月22日(木)には完全に日本からぬけていくようです。

 

台風14号ナンマドル2022の勢力・速度・強さ

それでは今回の「台風14号(ナンマドル)」の強さや速度、勢力はどれくらいになるのでしょうか。

のぞみん
のぞみん

進路だけではなく勢力も大事な要素だよね。

 

それでは9月14日と連休中(9月17日〜9月19日)の勢力予想を見てみましょう。

 

9月14日(水)18時(小笠原近海)

中心気圧:994hPa
最大風速: 20m/s
最大瞬間風速:30m/s
方向・速さ:北北東・ゆっくり

 

 

9月17日(土)15時(南大東島近海)

中心気圧:970hPa
最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s
方向・速さ:北西 ・15km/h

 

9月18日(日)15時(九州西)

中心気圧:970hPa
最大風速:35m/s
最大瞬間風速:50m/s
方向・速さ:北北西 ・20km/h

 

9月19日(月)

中心気圧:975hPa
最大風速:30m/s
最大瞬間風速:45m/s
方向・速さ:北北東・ 15km/h

 

中心気圧・最大風速・最大瞬間風速ともに、極端に変化はないように見えますが、風速30mというのはかなりの「強風」で立っていられないほどです。

こちらは「風速30m/s」の状態を表す動画です。

当然ながら外でのイベントやスポーツや外出を控えるべきレベルであることが分かると思います。

夜中に通過してしまえばいいのですが、中には連休中でも通勤の人もいるかもしれませんので、要注意です。

 

ちなみに「風速」についてはこちらの動画が参考になります。

 

台風14号ナンマドル2022対策

九州・沖縄地方はこの連休中に「台風14号(ナンマドル)」が上陸するのはほぼ確定といっていいと思います。

この地域に住んでいる方は、なるべく外出を控えることをおすすめします。

どうしても外出しなくてはならないという場合には傘よりもカッパ・レインコートをおすすめします。

 

また万が一、台風が原因で「停電」になった場合に備えて「懐中電灯」や「ランタン」を準備しておくといいかもしれません。

勿論、これは九州や沖縄地方に住んでる方だけではありません。

 

 

「LED」のランタンは長持ちしますし、油を使うランタンではないので引火の危険もなく安全です。

のぞみん
のぞみん

私もこのタイプのランタン持ってます!(災害時以外でもキャンプでも使えます)

 

台風は3日も4日も同じ所にとどまっているわけではありませんので、大掛かりな準備は必要ないと思いますが、住んでいる地域が「退避区域」に指定された場合に役立つのが「防災セット」です。

 

もしない場合にはこの機会に準備しておくのがいいと思います。

 

台風14号で停電の可能性は?

 

まとめ

今回は「台風14号(ナンマドル)」の進路状況と予測、勢力・強さの予測についてお伝えしました。

現時点で分かっているのは、

連休中の9月17日(土)〜9月19日(月)は沖縄・九州近辺に上陸し、19日頃から連休後には西日本〜東日本に北上していくということです。

勿論、今後進路や上陸速度については変わる可能性があります。

 

結論としては「今後マメに台風状況をチェックする」ということをおすすめします!

 

のぞみん
のぞみん

連休が始まる前にまた情報をアップデートしたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

 

 

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました