【鎌倉殿の13人】35話を考察しながら解説!感想と評判も!次回畠山重忠が討ち取られる伏線の回!

【鎌倉殿の13人】35話を考察しながら解説!感想と評判も! テレビ番組

 

この記事では2022年9月11日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第35話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第35話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】35話の考察と解説

源実朝(柿澤勇人)の妻になる後鳥羽上皇(尾上松也)のいとこ・千世(加藤小夏)が鎌倉へ到着。政子(小池栄子)らが出迎えるが、愛息・北条政範(中川翼)の凱旋を心待ちにしていたりく(宮沢りえ)は失意に沈んでいた。そんな中、娘婿・平賀朝雅(山中崇)が畠山重忠(中川大志)の嫡男・重保(杉田雷麟)への疑惑をりくに告げる。一方、朝雅の振る舞いについて重保から相談された義時(小栗旬)は、父・時政(坂東彌十郎)に……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/35.html

 

 

第35話は、源実朝(柿澤勇人)が一番好きな和歌が亡き父の頼朝の歌だったというシーンから始まります。

 

今回の見どころは

・源実朝に京都から正室になる女性がやってくる
・畠山家を北条時政が次回討ち取る伏線のシーン
・北条義時の妻ののえの正体を見破る三浦義村
・しばし気晴らしに出かけ巫女(占い師)に救われる源実朝

 

この4つがストーリーの中で語られています。

 

1 のえの不自然さを見破る三浦義村

北条義時(小栗旬)の正室となったのえ(菊地凛子)。

義時に従順である演技をしていますが、実は野心家です。

ネコにゃん
ネコにゃん

義時には子供は要らないと言っておきながら、本心は男の子を産み、跡継ぎにする気満々

 

義時の息子の泰時(坂口健太郎)は偶然、のえ達の女子トークを立ち聞きしてしまい、のえが父が考えているような女性ではなく、とんでもない女性であることを知り、心配しています。

のぞみん
のぞみん

義時はすっかり騙されてるよね。

 

でも、三浦義村(山本耕史)は、のえが良い女性ではないことを見破ります。

 のえは義村に「今、繕い物(裁縫)をしていた」と挨拶をしました。
ところが、義村はのえのゆびに飯物がついていたことに気づきます。
義村は「握り飯を食べながら裁縫するやつがいるか? 」と言うのです。

 

 

2 源実朝の嫁が都から到着する

 

都(京都)から源実朝(柿澤勇人)の嫁となる千世代(加藤小夏)が鎌倉に到着します。

千世は後鳥羽上皇の従姉妹です。

 

のぞみん
のぞみん

美しくて気高い女性なんだね。

 

源実朝と対面し、盃を交わします。

 

一方、落ち込むりく(宮沢りえ)。

本当なら、千世を都から連れてくるという華々しい役目はりくの息子の北条政範(中川翼)だったのですが、政範は都に滞在中に亡くなってしまいました。

政範は毒殺されたのです。

 

3.畠山を陥れようとするりくの娘婿

 

畠山重忠(中川大志)の息子の重保(杉田 雷麟)は京都滞在中に、平賀 朝雅(山中崇)が北条政範(中川翼)に毒を盛る話を聞いてしまいます。

平賀 朝雅は北條時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)の娘の婿で、京都出身です。

 

重保は北条義時(小栗旬)にそのことについて話します。

 

その一方で、平賀 朝雅はりくに、重保が息子の政範を毒殺したと嘘を吹き込みます。

 

 

のぞみん
のぞみん

なんてヤツ!許せない!

 

りくは娘婿の平賀 朝雅の言うことを信じ、夫の時政に息子の敵をとってほしいと言います。

北条時政は「畠山を討つ」と息巻きますが義時の異母弟の時房(瀬戸康史)に止められます。

 

義時は姉の政子(小池栄子)にりくと話すようお願いし、自分は畠山を訪れて話をすることにします。

 

4. 気分転換をしたい鎌倉殿(源実朝)

都から嫁が来たものの、自分のコントロールできないところで物事が進んでいることに疲れた将軍の源実朝(柿澤勇人)。

北条泰時(坂口健太郎)とともに実朝は和田義盛(横田栄司)のもとを訪ねます。

食事をした後、3人はおばばと呼ばれる歩き巫女を訪れます。

 

 

巫女は実朝に「雪の日は出歩くな」と言われます。

実は実朝は後に暗殺されるのですが、その日は雪が降っていました。

実朝を暗殺するのは実朝の兄だった頼家の息子です。

 

その後、実朝はおばばに悩みを打ち明けますが、おばばの

「悩んでいるのはお前だけではない」という言葉に救われます。

 

その後再び、実朝は再び和田の家に戻り、泰時達と酒を飲み酔っぱらっています。

しかし、どこに行くかを告げずに出てきたので、鎌倉では実朝がいないということで大騒ぎになっています。

 

5 畠山を討つ決心をした北条時政

 

北条義時(小栗旬)は、父の時政(坂東彌十郎)に畠山を討たないよう言います。

そして義時は時政に、実は「平賀朝雅が畠山に罪をなすりつけようとしている」と言い、

「平賀朝雅が次の執権を狙っている」と言います。

 

平賀朝雅は真偽をはっきりさせようともせず、都に逃げるように帰って行ってしまっているからです。

そのことに時政は納得し、畠山討伐の意思をいったん引っ込め家に戻ります。

義時はこれで父が納得して畠山を討伐しないと判断してしまいます。

 

のぞみん
のぞみん

でも、これが間違いのもと

ネコにゃん
ネコにゃん

りくに言いくるめられちゃうんだな。

 

ところが時政が家に戻ると、再度妻のりく(宮沢りえ)に強く「畠山を討て」と言い寄られます。

りくは「息子の次は、今度は自分が殺られる」と夫の時政を説き伏せます。

 

しかし御家人を討つためには鎌倉殿(源実朝)の許可が要ります。

そこで時政は鎌倉に出向きます。

 

6. 盃を交わす畠山重忠と北条義時

父の時政(坂東彌十郎)が畠山を討ち取ることは今はないと判断した北条義時(小栗旬)は畠山重忠(中川大志)を訪ねます。

重忠に身の潔白を証明する起請文(神仏に誓う文書)を鎌倉殿に提出するよう言います。

そして酒を酌み交わす義時と重忠。

 

しかし重忠は「呼び寄せて(自分を)討ち取るつもりではないか?」と義時に釘を刺し、

「もし執権(北条時政)と戦うことになったら、あなた(義時)はどちらに付くのか?」

とたずねるのです。

そして、「鎌倉のことを本当に思うなら、戦う相手は・・・・」と義時に言います。

 

のぞみん
のぞみん

戦う相手は父親である時政だよ、って義時に言ってるんだよね。

ネコにゃん
ネコにゃん

義時は答えなかったけどね。

 

7. 次回への伏線

北條時政(坂東彌十郎)が畠山重忠を討ち取るためには鎌倉殿(将軍・源実朝)の許可が必要です。

実朝は強く言われたら「YES」と言ってしまう性格であるため、実朝の母の政子(小池栄子)や妹の実衣(宮澤エマ)、そして息子の時房(瀬戸康史)は時政と実朝を会わせたくありません。

3人の子どもたちは父の時政に「本日はもう帰ってください」とお引取り願います。

時政は帰ったフリをして、実朝が帰ってくるのを影で隠れて待っています。

そしてそこに実朝が戻ってきます。

時政は畠山を討ち取る許可を得ようとします。

 

こうして、次回(36話)は時政(北條家)と畠山家との戦いになります。

 

【鎌倉殿の13人】35話の評判

第35話を見た人の感想をいくつか拾ってみます。

 

 

 

【鎌倉殿の13人】35話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の35話では

・源実朝に京都から正室になる女性がやってくる
・畠山家を北条時政が次回討ち取る伏線のシーン
・北条義時の妻ののえの正体を見破る三浦義村
・しばし気晴らしに出かけ巫女(占い師)に救われる源実朝

 

 

のぞみん
のぞみん

次回も見ます!

 

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/02 12:59時点)
発売日: 2022/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第35話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第34話の考察と解説・感想・評判」を読む | 「第36の考察と解説・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました