【鎌倉殿の13人】36話を考察しながら解説!感想と評判も|男らしく散った畠山重忠(中川大志)

【鎌倉殿の13人】36話を考察しながら解説!感想と評判も! テレビ番組

 

この記事では2022年9月18日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第36話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第36話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】36話の考察と解説

深まる北条時政(坂東彌十郎)と畠山重忠(中川大志)との対立。りく(宮沢りえ)を信じる時政は、源実朝(柿澤勇人)の下文くだしぶみを得て御家人を招集。三浦義村(山本耕史)、和田義盛(横田栄司)、稲毛重成(村上誠基)らが集い、対応を協議する。一方、手勢を率いて鎌倉を目指す重忠。板挟みとなった義時(小栗旬)は、政子(小池栄子)、時房(瀬戸康史)らと事態の収拾を図る。そんな中、父・義時を心配する泰時(坂口健太郎)は……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/36.html

 

 

第36話は北條時政が三浦と和田達に「畠山をこれから滅ぼす」ことを宣言し、どういう作戦でいくか話し合うシーンから始まります。

今回の見どころは

・畠山重忠の潔い最期(さいご)
・北條義時が父・時政を執権から追い出そうと画策する
・北条政子が執権の代わりとなる

 

この3点です。

1. 戦(いくさ)前

第36話は畠山家と北条家の戦いがメインとなりました。

この2つの家の争いを時系列に追ってみます。

 

戦を避けようとする北条義時

「謀反を起こした」という無実の罪を着せられた畠山重忠(中川大志)

執権の北条時政(坂東彌十郎)は畠山を殺る気満々。

時政まずは畠山の息子をおびき出して人質にとろうという作戦をたてます。

 

この時、時政は稲毛重成(村上 誠基)に、畠山家を討伐したあと、畠山の治めている武蔵の国の総検校職にしてやると言います。

総検校職(そうけんぎょうしき):その土地の最高責任者です

 

のぞみん
のぞみん

稲毛重成は時政の娘のあきの婿だったね。

ネコにゃん
ネコにゃん

でも結局、言われもない罪を着せられて、最後には首をはねられちゃうんだよね。かわいそう。

 

 

一方、時政の息子の北条義時(小栗旬)は畠山と戦はしたくありません。義時は重忠に鎌倉に来るように依頼します。

のぞみん
のぞみん

義時は重忠と将軍・実朝と話をさせようとしたんだね。

 

ところが、重忠の息子の畠山重保(杉田 雷麟)が時政の命令を受けた御家人達におびき出され、軍勢に囲まれてしまいます。

時政は重忠の息子の重保は殺さずに人質に取るよう命じたけど、結局重保は討ち取られてしまうのです。

 

畠山重忠は戦を決意

 

息子を殺されたこともあり、重忠は鶴ヶ峰(現在の横浜市旭区)に陣を敷きます。つまり「本気で戦をする」という意思のあらわれです。

 

それを聞き、北条義時(小栗旬)は父親の時政(坂東彌十郎)に「自分を大将にしてほしい」と願い出ます。

のぞみん
のぞみん

義時は戦にさせないつもりです。

姉・政子に進言する義時

出陣前に北条義時(小栗旬)は姉の北条政子(小池栄子)に会い、

「政(まつりごと=政治)を正しく導くことができない者が上に立つことはあってはならない。その時は誰かが正さなければならない。」

と言います。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

つまり、「今回のことは将軍の源実朝(柿澤勇人)の失態であり、将軍として適任ではない」ということを義時は言いたかったんだね。

のぞみん
のぞみん

じゃあ、どうするのって話

ネコにゃん
ネコにゃん

義時はこれまでと同じことをするって言ったね。

のぞみん
のぞみん

 

これまでと同じこと?頼家と同じように将軍から追放されるってこと?

 

義時は姉の政子に対して、そういったことも決断しなければならないかもしれないということを暗に示しました。

 

前にもネタバレさせましたが、いずれ将軍・実朝は兄の頼家の息子に殺されます…。

 

和田義盛と話す畠山重忠

畠山とは戦をしたくない北条義時(小栗旬)は畠山重忠(中川大志)と会って話し合いをしようとしますが、代わりに和田義盛(横田栄司)が重忠に話をつけにいきます。

サシで話をする重忠と義盛。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

2人が酒を酌み交わしていたのかと思いきや、重忠が飲んでいたのは「水」

重忠は「戦など誰がしたいと思うかー」と叫びます。

「もうちょっと生きようぜ」と答える義盛。

 

謂れのない罪を着せられた重忠は、北条家に屈することを良しとしませんでした。

重忠は正々堂々と戦って「歴史に名を残すこと」を選択したのです。

 

のぞみん
のぞみん

畠山重忠を演じた中川大志さん、かっこよかったですよね!

 

 

2 政子と話す足立

足立 遠元(大野 泰広)が北条政子(小池栄子)の元を訪れています。

遠元は政子に「北條時政(坂東彌十郎)が恐ろしい」と訴えます。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

足立遠元は御家人で『13人』の一。文筆の才に長け、御家人への連絡役などの事務官をしていたんだ

のぞみん
のぞみん

でも、結局その役を降りて、所領に戻ることになったね。

 

3 戦(いくさ)がスタート

戦が始まります。(和田義盛の作戦は見事に見破られてしまいます。)

 

裏から回った畠山重盛(中川大志)と北条義時(小栗旬)の一騎打ちとなり、2人とも落馬してしまいます。

落馬した2人は最後は刀も捨て去り、素手での殴り合いの勝負になります。

 

刀を取った重盛が義時に馬乗りになり、とどめを刺そうとします。しかし重盛は刀を外してしまいます。

のぞみん
のぞみん

あれはわざと?

ネコにゃん
ネコにゃん

多分ね。。。

ドラマでは重忠は義時から離れると馬に乗り、狂っったような目で大笑いをします。

しかしその後のシーンはなく、「戦は夕方に終わり、結局重盛は討ち取られてしう」という結末に終わります。

 

 

畠山重忠のあの馬に乗って大笑いする姿は?

重忠は自分の中で義時に勝ったことが分かり、勝負がついたことを実感したからの笑いなのでしょうか。濡れ衣の罪を着せられた汚名は晴らされ満足だったからなのでしょうか。それとも義時にトドメをさせなかった弱さや悔しさからだったのでしょうか..。

 

(実質は畠山重忠の勝利だけれど、結局は討ち取られてしまう…というのは三谷さんの脚本だと思いますが、上手にできていますね!)

 

4. 戦(いくさ)後

畠山重忠との戦の後は、北条時政(坂東彌十郎)が執権の座から落とされていき、娘の政子(小池栄子)が執権の代わりを努め出すという流れになっていきます。

 

執権を追われる北条時政

 

畠山重忠の首の入った箱を父親に差し出す北条義時(小栗旬)。

「執権を続けるのであれば、あなたは見るべきだと」父・時政(坂東彌十郎)に義時は詰め寄りますが、時政はその箱を開けようとはしません。

 

今回の戦は時政が無理矢理起こしたものであり、重忠は濡れ衣を着せられたということは、周りの御家人達は分かっていました。

畠山を惜しむ御家人たちの怒りの矛先を他の人に向けては?という提案をした大江広元(栗原 英雄)。

その白羽の矢がたったのは、稲毛重成(村上誠基)でした。

 

のぞみん
のぞみん

罪をなすりつける提案をしたのは息子の義時

ネコにゃん
ネコにゃん

でも、自分の娘の旦那さんだよ〜。非情だな。

しかしこれは、義時の策略でした。

つまり、時政が自分の罪をなすりつけて誰かを殺したとなれば、ますます時政に対して反感を持つ御家人が増えていくことになるからです。

そうすれば時政は執権の座に居座ることはできません。

 

恩賞の沙汰を行う政子

 

北条義時(小栗旬)は、畠山の残した所領の分配については、父・時政(坂東彌十郎)ではなく、姉の北条政子(小池栄子)がするべきだと政子に進言します。

のぞみん
のぞみん

この時点で執権はまだ時政です。

ネコにゃん
ネコにゃん

恩賞の沙汰もやる気満々だったね。

 

しかし時政が執権にいる限り、鎌倉はたちいかなくなるので、時政から政(まつりごと)を取り上げようとしていることを姉に言う北条義時(小栗旬)。

そして、時政を追いやったあとは政子に執権になれと言うのです。

 

のぞみん
のぞみん

政子は「小四郎、恐ろしい人になりましたね。」と義時に言ったね。

ネコにゃん
ネコにゃん

でも、それは源頼朝様(政子の夫で故人)から教えられたことと答える義時。政子はどう思ったのかな?

政子が恩賞の沙汰をすることに不満を隠せない妹の実衣(宮澤エマ)。

しかし今回のことで責任を感じてる将軍の実朝(柿澤勇人)は自分が未熟者であるので、母親に任せたいと言います。

 

恩賞の沙汰:功労を賞して、主君が家臣に官位・所領・物品、税の徴収権などを与える行事。

 

【鎌倉殿の13人】36話の評判

第36話を見た人の感想をいくつか拾ってみます。

 

 

 

 

【鎌倉殿の13人】36話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の36話は次の3つがメインでした。

・畠山重忠の潔い最期(さいご)
・北條義時が父・時政を執権から追い出そうと画策する
・北条政子が執権の代わりとなる

 

北条時政と息子の義時が確執し、いよいよ今度は父・息子の戦いに発展していきます。

 

のぞみん
のぞみん

次回も見ます!

 

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/03 13:07時点)
発売日: 2022/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第36話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年9月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第35話の考察と解説・感想・評判」を読む | 「第37の考察と解説・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました