【鎌倉殿の13人】32話を考察しながら解説!感想と評判も | 善哉は後に火種となり実朝を・・・

【鎌倉殿の13人】32話を考察しながら解説!感想と評判も テレビ番組

 

この記事では2022年8月21日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第32話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第32話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】32話の考察と解説

奇跡的に息を吹き返した源頼家(金子大地)。しかし後鳥羽上皇(尾上松也)のもとには頼家危篤の報が届き、後鳥羽は考えを巡らせる。鎌倉では、政子(小池栄子)のもとに義時(小栗旬)、泰時(坂口健太郎)らが集まり、新たな体制について話し合っていた。そんな中、一人で思いにふける比奈(堀田真由)。一方、先を見据えるりく(宮沢りえ)は時政(坂東彌十郎)に京との関係をより深めるように説き、愛息・政範(中川翼)も胸を高鳴らせる。そして、三浦義村(山本耕史)は……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/32.html

 

 

今回の見どころは

・奇跡的に病気から回復した源頼家に焦る北条一族
・修善寺に送られる頼家
・頼家の弟の実朝が元服・3代目将軍になる

 

1 姉弟対決

源頼家(金子大地)に生きてもらっては困る北条時政(坂東彌十郎)と北条義時(小栗旬)。

既に頼家を亡き者にしようと考えています。

それに対して、姉の政子(小池栄子)は抵抗します。

ネコにゃん
ネコにゃん

本当は千幡(頼家の長男)を助けるはずだったと信じていた政子は、弟・義時に対して、頼家までも手にかけようとするのかと怒り心頭!

 

2 息子に半分真実、半分嘘を話す母

怒った政子はそのまま息子の頼家(金子大地)の家を訪ねます。

母の政子(小池栄子)は、側室のせつと息子の一幡は亡くなったことを話します。

ネコにゃん
ネコにゃん

これは真実だね。

しかし、比企家は、頼家がもう助からないと考え、火を放ち自害したと言います。

のぞみん
のぞみん

これは嘘だね。

 

なぜ政子は半分嘘をついたの?
父と弟は、一幡と比企家(頼家の側室の実家)が生きていると嘘を突き通そうとしますが、政子は一幡や比企家は亡くなったことを言い、その代わり理由は「自害」(もちろん嘘)だということにして、仕方がないことだと息子の頼家に諦めさせようとしたと考えられます。

 

 

3 千幡が実朝と名付けられる

後鳥羽上皇(尾上松也)は千幡(源頼家の次男)に「実朝(さねとも)」と名付けます。

後の源実朝。

ネコにゃん
ネコにゃん

この子が3代目の将軍になるよ。

 

4 事実を知る頼家

頼家(金子大地)は和田義盛(横田栄司)と仁田常忠(高岸 宏行)を訪ね、事の真相を教えろと迫ります。

2人は比企能員(佐藤二朗)が北条家に丸腰で訪れて討ち取られてしまったことを正直に話します。

怒った頼家は和田と仁田に対して「北条時政を討ち取れ」と命じます。

困った2人は三浦に相談した後、北条の家を訪れます。

ネコにゃん
ネコにゃん

仁田常忠(高岸 宏行)は後で自害してしまったね。

5 比奈と離縁する北条義時

北条義時(小栗旬)の現在の正室の比奈(堀田真由)は実は比企家の出身です。

「比企家を根絶やしにする」と息巻いていた北条一族ですが、比企家出身の比奈を助けてしまっている現状に義時の妹の実衣(宮澤エマ)は不快感を抱いています。

のぞみん
のぞみん

そんなことを感じ取った比奈は義時に対して「離縁してくれ」って言ったね。

ネコにゃん
ネコにゃん

義時は直接OKはしなかったけどね

比奈を演じた堀田真由さんはこれでこの番組への出演は終了です。

6 生きている一幡

千幡(頼家の弟)の元服の儀に向けての準備が進む中、実は一幡(頼家の長男)が生きていることが分かります。

実は北条義時(小栗旬)の息子である北条泰時(坂口健太郎)は比企の家から一幡を連れ出していたのですが、父親の言いつけを守らず、一幡を生かしておいたのです。

 

7 善児を訪ねる北条義時

 

一幡は善児(梶原善)とトウ(山本千尋)の元に引き取られています。

善児は訪ねてきた北条義時(小栗旬)に「一幡を斬ることはできない」と言います。一幡が自分になついてくれるからです。

のぞみん
のぞみん

なんだかやさしい善児にびっくり!

 

義時は自分で討ち取ろうとしますがトウが気を利かせて一幡を守ります。

 

8 修善寺送りにされる頼家

北条一族は源頼家(金子大地)を伊豆の修善寺に送ることを決めます。

頼家は修善寺に行くことを拒みますが、結局、御家人達に無理矢理送られてしまいます。

そして、千幡改め源実朝が第3代将軍として元服の儀を行います。

 

一方、善哉(ぜんぜい)の元に比企尼が姿を現し、「比企を許してはならない」と幼い善哉に告げるのです。

 

ちょっとだけネタバレ!!

この善哉(ぜんぜい)は後に僧侶となり、公暁(くぎょう/こうぎょう)となります。
公暁は後に源実朝(今回第3代将軍になった)を暗殺します!

 

善哉は後の火種

 

【鎌倉殿の13人】32話の評判

第32話を見た人の感想を番組視聴後にいくつか拾ってみます。

 

 

 

 

【鎌倉殿の13人】32話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の32話では

・奇跡的に病気から回復した源頼家に焦る北条一族の様子
・修善寺に送られる源頼家
・源頼家の弟の源実朝が3代目将軍になる

 

といった展開になりました。

 

のぞみん
のぞみん

次回も見ます!

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/02 10:21時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第32話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年8月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第31話の考察と解説・感想・評判」を読む | 「第33話の考察と解説・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました