2023上半期(第168回)直木賞候補者5人のプロフィールと作品紹介!受賞者作品も予想!

2023上半期(第168回)直木賞候補者5人のプロフィールと作品紹介!受賞者作品も予想! 時事問題

 

2023上半期(第168回)の「直木賞」の選考会が1月19日(木)に行われます。

これに先立って昨年2022年12月16日(金) に5人の候補者がノミネートされました。

この記事では

・第168回直木賞候補者5人のプロフィールと作品の紹介
・受賞者作品の予想

 

この2つにフォーカスしてお伝えします。

 

2023上半期(第168回)直木賞候補者とノミネート作品

 

昨年2022年12月16日(金)に「第168回 直木賞」の候補者・作品が発表されました。

ノミネートされたのは次の5人です。

・一穂ミチ(いちほ みち)
・小川哲(おがわ さとし)
・雫井脩介(しずくい しゅうすけ)
・千早茜(ちはや あかね)
・凪良ゆう(なぎら ゆう)
(敬称略/五十音順 )

 

2023上半期(第168回)直木賞候補者のプロフィール

それでは、「第168回 直木賞」の候補に選ばれた5人のプロフィールと受賞作品を紹介します。

 

一穂ミチ(いちほ みち)

プロフィール

生年月日:1978年
出身:大阪
学歴:関西大学卒業
デビュー作品:『雪よ林檎の香のごとく』

 

「BL小説」出身の一穂ミチさん。二次創作の小説を同人誌で書いており、2007年に雑誌デビューします。

代表作の『イエスかノーか半分か』は2020年にアニメ映画化されています。

 

一般小説デビューは2021年の『スモールワールズ』。

これまで「直木三十五賞」や「本屋大賞」等の文学賞の候補となってきた一穂ミチさん。

今回はどうなるか期待されるところです。

 

直木賞ノミネート作品:『光のとこにいてね』(文藝春秋)

 

シングルマザーの貧困家庭に生まれた果遠(かのん)。裕福な生まれだが、家族の愛に恵まれず育てられた結珠(ゆず)。

出逢いと別れを繰り返しながらも強く惹かれ合う二人。精神的絆に支えられながらお互いの人生を歩んでいく。そんな二人の、四半世紀の物語です。

 

 

光のとこにいてね (文春e-book)

光のとこにいてね (文春e-book)

一穂ミチ
1,900円(01/30 06:42時点)
発売日: 2022/11/07
Amazonの情報を掲載しています

 

小川哲(おがわ さとし)

プロフィール

生年月日: 1986年12月25日
出身:千葉県
学歴:東京大学教養学部卒、東京大学大学院総合文化研究科博士課程中退
デビュー作品:『ユートロニカのこちら側』

 

大学三年生の時に理系から文系に転向した小川哲さんですが、「今まで体系だって本を読んでない」とい思い、岩波文庫を毎日一冊読んでいました。

の2015年、小川さんがが博士課程2年時の時「第3回ハヤカワSFコンテスト〈大賞〉」を受賞し作家デビューを果たしました。

 

直木賞ノミネート作品:『地図と拳』(集英社)

 

日露戦争前夜から第2次大戦まで、中国・満洲のある都市で繰り広げられる知略と殺戮。

日本からの通訳として満洲に渡った細川。ロシアの鉄道網拡大のために派遣された神父クラスニコフ。叔父にだまされ不毛の土地へと移住した孫悟空。そして、地図に描かれた存在しない島を探す須野……。

そんな男たちを描いた歴史×空想小説です。

 

地図と拳 (集英社文芸単行本)

地図と拳 (集英社文芸単行本)

小川哲
2,420円(01/30 06:42時点)
発売日: 2022/06/24
Amazonの情報を掲載しています

 

雫井脩介(しずくい しゅうすけ)

プロフィール

生年月日:1968年生まれ
出身:愛知県
学歴:専修大学文学部卒業
デビュー作品:『栄光一途』

 

大学卒業後に出版社や社会保険労務士事務所で働いた後、1999年に『栄光一途』で第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞します。(この時のペンネームは内流 悠人(ないる ゆうと))

翌年デビューし、以後推理小説を中心に作品を発表します。

雫井さんの作品は映画化・ドラマ化されているものも多く、ベテラン作家として既に地位を確立している方のノミネートといえそうです。

 

直木賞ノミネート作品:『クロコダイル・ティアーズ』(文藝春秋)

 

息子を殺された嫁。犯人は嫁の元恋人であり、裁判でその恋人は妻から「夫殺し」を依頼されたと主張します。

未亡人となった嫁(娘)を疑う母親と、娘を信じたい父親。

家庭内のドロドロを描いたサスペンスです。

 

 

千早茜(ちはや あかね)

プロフィール

生年月日: 1979年8月2日
出身:北海道
学歴:立命館大学文学部卒業
デビュー作品:『魚神(いおがみ) 』

 

父親の仕事の都合で、小学生の頃にザンビアで過ごした千早さん。

学生時代に作った「絵に詩を付けた作品」の評判が良く、映画部の友人から頼まれてストーリーを作り始めるようになります。

その後寺山修司に影響を受けて、魚の詩を書くようになりますが、千早さんのデビュー作は、この魚の詩を小説に起こして完成させたものです。

 

直木賞ノミネート作品:『しろがねの葉』(新潮社)

 

時は戦国末期、舞台はシルバーラッシュに沸く石見銀山。

少女ウメは天才山師の喜兵衛に拾われます。ウメは銀堀りの仕事に憧れ坑道で働き出します。

ウメの葛藤や心の成長、そして銀山で生きる女、男たちの濃密な関係を描いた作品です。

 

しろがねの葉

しろがねの葉

千早茜
1,683円(01/29 09:29時点)
発売日: 2022/09/29
Amazonの情報を掲載しています

 

凪良ゆう(なぎら ゆう)

プロフィール

生年月日:不明
出身:滋賀県
学歴:不明
デビュー作品:『恋するエゴイスト』

 

元々漫画家志望だったという凪良さんでしたが、BL作家として執筆活動を10年以上続けてきました。

BL以外での作品も書いてきており、2006年に「小説花丸」に掲載された『恋するエゴイスト』ででデビューします。

2020年 に 『流浪の月』で第17回本屋大賞を受賞 。また、シリーズ「美しい彼」は2021年に連続テレビドラマ化されています。

 

直木賞ノミネート作品:『汝、星のごとく』(講談社)

 

瀬戸内の島に育った高校生の暁海(あきみ)は、自由奔放な母の恋愛に振り回され島に転校してきた櫂(かい)と惹かれ合います。

ふたりとも心に孤独と欠落を抱えた二人。

世間や常識に振り回され、傷つきながら回り道をしながら成長していく。壮絶な愛の物語です。

 

汝、星のごとく

汝、星のごとく

凪良ゆう
1,672円(01/29 11:24時点)
発売日: 2022/08/04
Amazonの情報を掲載しています

 

2023上半期(第168回)直木賞受賞者作品予想

どの作品も面白そうですが、私の予想としては

小川哲(おがわさとし)さんの『地図と拳』

 

が受賞する可能性が高いのではないかと思います。

ただ、

千早茜(ちはや あかね)さんの『しろがねの葉』

 

の作品も可能性が高いのではないかと思います。

 

 

まとめ

この記事では

・第168回直木賞候補者5人のプロフィールと作品の紹介
・受賞者作品の予想

 

をお伝えしました。

5作とも興味深い作品ですが、誰が受賞するのかとても楽しみです。

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました