サンダーバード55の声優ペネロープ役に満島ひかりが選ばれた理由を考察!

サンダーバード55の声優ペネロープ役に満島ひかりが選ばれた理由を考察! 芸能・エンタメ
広告

 

1月7日(金)から『サンダーバード55/GOGO』の劇場公開が始まります!(オンライン上映は1月8日(土)から)

この作品では、女優の満島ひかり(みつしまひかり)さんが日本語吹き替えをするということで話題となっています。

 

今回の記事では

・満島ひかりさんが誰の役の日本語吹き替えをするのか
・満島ひかりさんがその役に選ばれた理由(考察)

 

この2つに焦点を絞ってお伝えしたいと思います。

 

広告

サンダーバード55の声優ペネロープ役は満島ひかり

『サンダーバード55/GOGO』で満島ひかり(まじまひかり)さんが日本語吹き替えをするのは、「ペネロープ」の役です。

 

ペネロープとはどんなキャラクター?

 

ペネロープは隊員の中で唯一の女性です。

英国貴族のお嬢様で、頭脳明晰で勇敢、ウィットに飛んだ女性で、ショーのモデルや雑誌の表紙になるなどの美貌の持ち主です。

 

サンダーバード55の吹き替え声優

あわせて、満島さん以外の、日本語吹き替えをする声優さん達も紹介します。

・パーカー:井上和彦さん
・ジェフ・トレーシー:大塚芳忠さん
・スコット・トレーシー:森川智之さん
・バージル・トレーシー:日野聡さん
・ゴードン・トレーシー:江口拓也さん
・ジョン・トレーシー:櫻井孝宏さん
・ブレインズ:堀内賢雄さん
・フッド:立木文彦さん

 

上の8人のキャラクターの日本語吹き替え役は全員ベテランの声優さんたちです。

 

各キャラクターと日本語吹き替え声優について、こちらに詳しく書いています。

 

 

広告

サンダーバード55の声優ペネロープ役に満島ひかりが選ばれた理由は?

先ほどお伝えしたように、満島ひかりさん以外の 日本語吹き替え役のキャラクターは全員キャリアのある声優さんたちばかりです。

なぜ声優ではない満島さんがペネロープ役に抜擢されたのか考察したいと思います。

(※ちなみに、「サンダーバード ARE GO」の時はペネロープの日本語吹き替えは声優の清水理沙さんが担当しています。)

黒柳徹子さんからバトンタッチした?

実は黒柳徹子さんも、かつてペネロープの声を担当していたことがあります。

そして満島さんは『トットてれび』(NHK)で黒柳さんの役を演じたことがあるのです。

黒柳さんが日本語吹き替えのキャスティングに関わっていたというわけではないと思いますが、これまでのペネロープ役の声のイメージを壊さないようにした結果、満島さんに白羽の矢がたったのかもしれません。

 

華が欲しかった?

この『サンダーバード55/GOGO』では、どうやらペネロープがメインのストーリーのようです。

そのため、話題性を得るためには知名度がある女性を選んだのかもしれません。

女性の声優さんの中にも人気の人はいるかもしれませんが、「知名度」という点では女優さんの方が勝っていることの方が多いでしょう。

満島さんはドラマや映画、舞台などで幅広く活躍しており、またコマーシャルにも多数出演しています。

「知名度」という点では満島さんは申し分ありません。

 

満島さんの声優経験が買われた?

満島さんは数少ないながらも、これまで「声優」のお仕事もしています。

2016年には「ONE PIECE FILM GOLD」で カリーナ 役を、2017年7月8日には「メアリと魔女の花」で 赤毛の魔女役を担当しました。

この経験が日本語吹き替えのキャスティングに良い影響を与えたのかもしれませんね。

 

執事パーカー役を演じる井上和彦さんからも、

「とても華があって、明るくて、ペネロープにピッタリ!」と認める出来となっている。

引用:Yahooオリコンニュースより(https://news.yahoo.co.jp/articles/ac8b704caab9bac6098447ec70cbd8649bc489fc

と評価されていますので、

満島さんがペネロープの役に合っていることは間違いないようです。

 

満島ひかりのプロフィール

最後に満島さんのプロフィールを紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

満島ひかり(@hikarimitsushima)がシェアした投稿

 

プロフィール

本名:満島ひかり
生年月日:1985年11月30日
出身:鹿児島県生まれ沖縄県育ち
血液型:A型
身長:162cm

 

満島さんは沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sオーディション」で優勝したことがきっかけで、7人組ユニット「Folder」のメンバーとなり芸能界デビューを果たします。

1997年には映画『モスラ2 海底の大決戦』にも出演します。

しかし「Folder5」の活動が休止してしまったため、2003年9月からTOKYO MXのバラエティ番組『ゼベック・オンライン』のアシスタントとして本名の「満島ひかり」で活動を始めます。

 

グループ解散後は女優に転身。

2009年に主演の映画『愛のむきだし』で『第31回 ヨコハマ映画祭』で最優秀新人賞を受賞し、その後も数多くの賞を受賞。しています。

 

私生活では一度結婚しています(2010〜2016年)

ちなみに満島さんのお父さんは父親がフランス系アメリカ人とのハーフ、お母さんが日本人で、満島さんはクォーターということになります。

のぞみん
のぞみん

どうりで目鼻立ちがはっきりしているなぁと思いました

 

まとめ

この記事では、1月7日から劇場公開される予定の「サンダーバード55」で

・満島ひかりさんが誰の役の日本語吹き替えをするのか
・満島ひかりさんがその役に選ばれた理由(考察)

 

この2つについてお伝えしました。

「サンダーバード55」ではどうやらペネロープさんがメインのストーリーのようです。

 

のぞみん
のぞみん

満島さんの吹き替えがどんな感じか聞きたいですね!

お読みいただきありがとうございました。

広告
広告
タイトルとURLをコピーしました