ベルメゾンのカタログ写真が炎上した理由は?謝罪メールを受け取った人の印象は?

ベルメゾン カタログ写真が炎上した理由は?謝罪メールを受け取った人の印象は? その他

 

本日(9月20日)ツイッターに「ベルメゾン」のハッシュタグができていました。

何事かと思い見てみるとカタログの件で炎上しているようなのです!

 

今回の記事ではこの「ベルメゾン」の炎上について、サクッとお伝えしたいと思います。

 

のぞみん
のぞみん

ちなみに「ベルメゾン」はカタログショッピングからスタートした老舗の通販会社だよ。

ベルメゾン カタログ写真が炎上した理由

「ベルメゾン」のカタログ写真が炎上。

その問題のカタログがこちらです。

この女性が手にもっている本「L’Architettura del Terzo Reich」(第三帝国の建築)が問題になっています。

この本ですね。

 

何が問題?

この本「L’Architettura del Terzo Reich」(第三帝国の建築)」というのは、ナチス建築物の研究本なのです。

 

 

とはいえ、決して「ナチス」を賛美した本ではなさそうです。

あくまでも「研究書」のようです。

しかし「ナチス」関連の本ということで、配慮が足りなかったと批判されても仕方ありません。

 

のぞみん
のぞみん

しかも「わくわくする本が見つかった」と女性がニッコリ微笑んでるのがまずかったね

ネコにゃん
ネコにゃん

ナチスを賛美するわけではないのだろうけど、ワクワクするっていうのは誤解されても仕方ないね。

「ベルメゾン」はこのカタログを回収して顧客には謝罪メールを送りました。

 

ベルメゾンのカタログ謝罪メールを受け取った人の印象は?

 

「ベルメゾン」からのお詫びのメールを受け取った人達はどんな印象を持ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

いろいろな反応がありましたが、

・謝罪メール自体が斜め上な文章と感じた人
・ちょっとヤバいかもねぇって思った人

・カタログ捨ててしまったから、本当に問題なのか分からない人
・すぐ謝罪するのは適切で良かったと思う人

 

大きく分けるとこのような反応を示す人が多かったと思います。

 

まとめ

今回は「ベルメゾン」のカタログ写真が炎上した理由と、謝罪メールを読んだ人が感じたことについてお伝えしました!

モデルが手に取る本を吟味しなかったことや、最終的にチェックして見落としたことは「ベルメゾン」の落ち度かもしれませんが、すぐにカタログ回収と謝罪メールをして対応が早かったことは評価できると思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

ベルメゾンネット

 

 

タイトルとURLをコピーしました