[最新]台風15号(2022)は来る?たまご発生状況や進路予想や米軍・ヨーロッパWindy情報も!

台風15号(2022)は来る?たまご発生状況や進路予想や米軍・ヨーロッパWindy情報も! 季節物

 

九州地方に大きな影響を及ぼした「台風14号(ナンマドル)」でしたが、関東上陸前に「温帯低気圧」に代わり、勢力を弱め日本列島を縦断していきました。

ほっとしたのも束の間。次の台風になるかもしれない熱帯低気圧が日本南海付近に発生!!

 

のぞみん
のぞみん

次の連休への影響が気になります!

 

そこでこの記事では台風15号」が発生し日本に上陸するのかということと、進路予想と影響の度合い についてをお伝えしたいと思います。

米軍、ヨーロッパ、windyなど各国の気象機関からの情報もあわせてお伝えしますので、より詳細に予想分析ができると思います。

 

台風15号(2022)は日本に来る?

 

「台風15号」が日本に来るか、結論から先にいうと・・

まだ台風にすらなっていないので分かりません。

発生した熱帯低気圧は日本に近づきながら、台風(台風15号)になる可能性が高いと言われています。(9月22日午後1時現在)

現在「熱帯低気圧」が北上しており23日(金)の午後3時頃までに台風に発達する可能性が高いです。(9月22日午後7時現在)

「台風15号」は温帯低気圧に変わりました(9月24日9時現在)

 

ネコにゃん
ネコにゃん

「台風」は消滅しちゃったんだ

のぞみん
のぞみん

前回と似てるね

 

 

9月24日(土)午前11時の時点での結論としては

・台風15号は温帯的圧に変わったが、関東〜北日本は引き続き雨に注意
(現在、静岡県で大雨)

 

関東以北の方は雨がひどそうなのでしっかりとした傘か念のためレインコートをバッグに入れておきましょう♪

 

ここから先は日本の「気象庁」と海外の天気予報機関の過去の情報です。
↓ ↓

台風15号(2022)たまごは発生してる?:気象庁予想

気象庁2022092218
(気象庁サイトより引用)

 

こちらは9月22日(木)の午後18時の時点での予想です。

 

ちなみに、9月20日に小笠原諸島の南の海上に熱帯低気圧が発生していますので、「台風のたまご」は発生しています。

「台風のたまご」とは?:台風に発達しそうな低圧部(熱帯低気圧)のことを指します。
※「たまご」は気象庁などで使用されることはなく、あくまでも「造語」です。

 

とはいえ9月22日の午後18時になっても、まだ「台風確定」とはなっていません。<

ちなみに、23日午前6時の予想は

中心気圧:1000 hPa
中心の最大風速:18 m/s (30 kt)
最大瞬間風速:25 m/s (45 kt)

 

と、前回更新時よりわずかに勢力を増しています。

 

それでは次に海外の気象情報の期間の情報をお伝えします。

参考にしていただければと思います。

 

台風15号(2022)の米軍合同台風警戒センター(JTWC)情報

JTWC20220922-1
出展;JTWC

「JTWC」は、アメリカ国防総省の機関でアメリカ軍の気象情報機関です。

 

こちらは9月22日(木)13時時点のものですが19時現在も大きな変化はないようです。

↓なお、上の図の下の方にある用語の解説です。

LOW(黄色): 24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が低い。
MEDIUM(オレンジ):台風・熱帯低気圧になる可能性はあるが24時間以上かかる。
HIGH(赤):24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性あり。
SUB TORPICAL(水色):台風と熱帯低気圧の中間。
↖(赤矢印):熱帯低気圧または台風。

 

前回チェックした時にはこれによると、現在発生しているは赤枠で囲まれた「熱帯低気圧になる可能性」のものがあったのですが、現時点では「熱帯低気圧または台風」として認識されています。

 

台風15号(2022)のヨーロッパWindy情報

「Windy(windy.com)」はチェコの気象関連会社が運営しているリアルタム天気予報サービスです。

 

気象庁や米軍(JTWC)と同様に南海に熱帯低気圧が発生しています。

ちなみに、「(L)」は低気圧で、「(H)」は高気圧です。

 

なお、上の動画になっている画像の左下に赤い印「」をスライドさせると時間毎の予想も見られます。

 

台風15号(2022)の欧州中期予報センター(ECMWF)情報

ECMWF20220922-1

出展;ECMWF

「ECMWF」はヨーロッパの気象機関で、世界中の気象を網羅しています。

 

こちらも「米軍合同台風警戒センター(JTWC)」や「ヨーロッパWindy」と同様に、日本の南海近辺に熱帯低気圧が発生してるのが分かります。

 

まとめ(連休中の影響は?)

今回は次の台風「台風15号」が日本に来るのか?ということにフォーカスをあててお伝えしました。

現時点(9月22日(木)18時)の結論としては、

・小笠原諸島の南の海上で発生した熱帯低気圧が23日に台風に発展する可能性大
・この熱帯低気圧は北上して23日(金)夜に紀伊半島に近づく
・24日(土)の午後3時あたりに御前崎市あたりに台風の中心が近づく
・24日の夜に関東に近づき25日(日)には東の海上に抜けていく
・暴風になるとは考えにくいが近畿〜北日本の広範囲で大雨になる恐れあり

 

と推測されます。

 

のぞみん
のぞみん

前回の台風よりはひどくないみたいだけど雨には注意だね!

 

お読みいただきありがとうございました!

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました