台風18号ロウキー2022の進路予想!今週末影響は?米軍・ヨーロッパWindy進路予想図も!

台風18号ロウキー2022の進路予想!今週末影響は?米軍・ヨーロッパWindy進路予想図も! 季節物

 

台風18号(ロウキー)が現在、発達を増しながら北北東に進んで日本列島に近づいています。

 

この記事では気になる台風の進路予想をします。

気象庁だけではなく、米軍・ヨーロッパ・Windyなど、各国の気象機関からの情報もあわせてお伝えします。

 

台風18号 ロウキー 2022の最新情報

 

現在の天気予報によると

9日29日(木):「台風18号」は南大東島の東約90kmにあり。北北東に進む

 

です。

それでは「気象庁」の情報を詳しく見ていきましょう。

 

台風18号 2022の気象庁情報

台風18号20220929

出展:気象庁

 

9月29日(木)16時現在、「台風18号」は南大東島の東約90kmにあり、1時間15kmの速さで進んでいます。

 

台風18号の勢力・速度・強さ

それでは「台風18号」の勢力予想を見てみましょう。

 

9月29日(木)16時(場所)

中心気圧:990Pa
最大風速:30m/s
最大瞬間風速:40m/s
方向・速さ:北北東 15 km/h (9 kt)

 

中心気圧といずれもの風速を見ると、今回もけっこう勢力のある台風のようです。

ちなみに風速30mというのはかなりの「強風」で立っていられないほどです。

こちらは「風速30m/s」の状態を表す動画です。

 

もし同じ強さで上陸した場合には、当然ながら外でのイベントやスポーツや外出を控えるべきレベルであることが分かると思います。

夜中に通過してしまえばいいのですが、朝や昼に通るようであれば、通勤通学には要注意です。

 

ちなみに「風速」についてはこちらの動画が参考になります。

 

 

それでは次に世界各国の気象機関の中から、

・米軍合同台風警戒センター(JTWC)
・ヨーロッパWindy
・欧州中期予報センター(ECMWF)

 

この3つの気象機関の予測図を用いながら、台風の進路予想についてお伝えしたいと思います。

 

台風18号 2022の米軍合同台風警戒センター(JTWC)情報

JTWC20220929

引用: JTWC

「JTWC」は、アメリカ国防総省の機関でアメリカ軍の気象情報機関です。

 

こちらでも勢力を増しながら日本列島に近づいて来ていることが分かります。

 

↓こちらはGoogleアースを重ね合わせたものです。

JTWC20220929-2

引用: JTWC

LOW(黄色): 24時間以内に台風・熱帯低気圧に発達する可能性が低い。
MEDIUM(オレンジ):台風・熱帯低気圧になる可能性はあるが24時間以上かかる。
HIGH(赤):24時間以内に台風・熱帯低気圧になる可能性あり。
SUB TORPICAL(水色):台風と熱帯低気圧の中間。
↖(赤矢印):熱帯低気圧または台風。

 

「台風18号(ロウキー)」の現在位置が分かります。

 

台風18号 2022のヨーロッパWindy情報

「Windy(windy.com)」はチェコの気象関連会社が運営しているリアルタム天気予報サービスです。

 

見えづらいかもしれませんが、下の方(南西方向)に台風があることが分かるかと思います。

↓ちなみに24時間後の予想です。

下の方にあった台風は24時間後には確実に日本に接近してきます。

 

台風18号 2022の欧州中期予報センター(ECMWF)情報

ECMWF20220929

出展;ECMWF

「ECMWF」はヨーロッパの気象機関で、世界中の気象を網羅しています。

 

こちらでも大東島付に台風があるのが見えます。

のぞみん
のぞみん

上の方(北東方向)にもなんだか台風になりそうなものがあるのが気になるけど・・・

そしてこちらは24時間後の予想です。

ECMWF20220929-2

 

確かに日本列島にょり近づいているものの、そんなにグンと近づいているような感じではありません。

 

台風18号 2022の対策

9月29日(木)の夕方時点では南大島は強風域に入っているとみられているため、強い雨や風に注意が必要です。

ただ、その後は進路を北東に変える見込みです。また動きも遅くなる可能性があります。

従って「何がなんでも今日明日中に台風に備えて!」ということにはならなさそうですが、念のため、台風の勢力が強くなった場合に備えて、いくつか揃えておきたいものを紹介します。

 

台風で雨が強くなった場合、どうしても外出しなくてはならないという場合には傘よりもカッパ・レインコートをおすすめします。

 

また万が一、台風が原因で「停電」になった場合に備えて「懐中電灯」や「ランタン」を準備しておくといいかもしれません。

 

 

「LED」のランタンは長持ちしますし、油を使うランタンではないので引火の危険もなく安全です。

のぞみん
のぞみん

私もこのタイプのランタン持ってます!(災害時以外でもキャンプでも使えます)

 

台風は3日も4日も同じ所にとどまっているわけではありませんので、大掛かりな準備は必要ないと思いますが、住んでいる地域が「退避区域」に指定された場合に役立つのが「防災セット」です。

 

もしない場合には、この機会に準備しておくのがいいと思います。

 

まとめ

今回は「台風18号(ロウキー)」の進路状況と予測、勢力・強さの予測についてお伝えしました。

現時点で分かっているのは、

・「台風18号」は南大東島の東約90kmにあり、1時間15kmの速さで進んでいる。
・南大東島は強風域に入っている。
・「台風18号」は今後北北東に進むが、本州南あたりで動きが遅くなる可能性あり。

 

ということです。

本日9月29日(木)ですが、今週末の影響は少なさそうです。

勿論、今後進路や上陸速度については変わる可能性があります。

 

のぞみん
のぞみん

進捗情報があったらまた記事をアップデートしたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました!

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました