なまはげ柴灯(せど)まつり2023は事前申込が必要!見どころや食事できる場所・宿泊情報も!

なまはげ柴灯(せど)まつり2023の見どころは?食事できる場所や宿泊情報も! 季節物

 

毎年2月に秋田県男鹿市の「真山神社」で行われるなまはげ柴灯(せど)まつり

2018年には「ユネスコ無形文化遺産」に登録されました。

 

この記事では、そんな「なまはげ柴灯(せど)祭り」の基本情報はもちろん、今年2023年の見どころ、そして中で屋台や食事する場所があるのかについてお伝えします。

また、「宿泊+旅行」を考えているあなたのために、周辺の宿泊施設の情報も調べて紹介したいと思います。

なお今年2023年の「なまはげ柴灯(せど)まつり」は事前申込が必要です!

 

この記事はこの順番でお伝えしていきます。

・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の基本情報
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の見どころは
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023で食事できる場所の情報
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の周辺の宿泊情報

 

なまはげ柴灯(せど)まつり2023の基本情報

「なまはげ柴灯まつり」は真山神社の神事「柴灯祭」と民族行事の「なまはげ」が組み合わされたものです。

2023年も下記のとおり、「なまはげ柴灯まつり」が開催されます。

正式名称 第60回 なまはげ柴灯(せど)祭り
開催期間 2023年2月10日(金)・11日(土)・12日(日)
時 間 18時〜20時30分
開催場所 秋田県男鹿市北浦「真山神社」
(秋田県男鹿市北浦真山水喰97)
料 金(※要予約 大人一人 千円(高校生以下は無料)
60回を記念して60歳は無料!
駐車場 あり
公式サイト https://oganavi.com/sedo

 

2023年は入場に事前申込が必要!

2023年の『なまはげ柴灯(せど)まつり』は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入場には事前申込が必要です。

申し込みの締切は2月9日(木)正午です。

申込みは3つの方法があります。

・ウェブから
・FAX
・郵送

 

ウェブから事前申込

こちらのページの一番下にある「申込みフォームへ進む」ボタンからフォームページに移動し、必要事項を記入して送信します。

 

FAXで事前申込

事前申込書(PDFファイル)をダウンロードしプリントアウトして、必要事項に書き込み、FAX(番号:0185-23-2424)で送信します。

 

郵送で事前申込

事前申込書(PDFファイル)をダウンロードしプリントアウトして、必要事項に書き込み、下記の送り先住所に郵送します。

〒010-0595 秋田県男鹿市船川港船川字泉台66-1 なまはげ柴灯まつり実行委員会(男鹿市観光課内)

 

のぞみん
のぞみん

事前申込がないと入場できないので注意してね。

「事前申込」はあくまでも人数把握のためなので、締切日前の定員締切はありません。

 

その他の情報(混雑予想・駐車場・バス情報)はこちらを参照ください。
↓↓

 

なまはげ柴灯(せど)まつり2023の行事

 

「なまはげ柴灯(せど)まつり2023」の行事は次のように進んでいきます。

①鎮釜祭・湯の舞 18:00~ 広場入口[初日限定]

②なまはげ入魂 18:20~ 参道入口

③なまはげ行事再現 18:35~  神楽殿

④なまはげ踊り 18:55~  柴灯火前

⑤なまはげ太鼓 19:05~ 神楽殿

⑥なまはげ下山・献餅 19:25~ 広場・参道

⑦里のなまはげ乱入 20:00~ 神楽殿・広場

 

行事毎に境内のあちこちに場所が変わりますので注目です!

 

 

「なまはげ柴灯まつり」の終了時刻が20時30分ですので、⑦の「里のなまはげ乱入」は20分ちょっとになるのではないかと思います。

 

なまはげ柴灯(せど)祭り2023の見どころ

 

なまはげ柴灯まつり」の行事の中で、一番の見どころは「なまはげ下山」です。

松明をかざしたナマハゲたちが、暗闇の雪山から一斉に現れます。

 

のぞみん
のぞみん

圧倒されそうですね。

 

そして続く「なまはげ踊り」、「なまはげ太鼓」、「なまはげ乱入」。

圧巻の踊りと太鼓で気分も盛り上がります。

最後のなまはげ乱入では一緒に楽しむことができます。

怖いイメージのあるなまはげですが、乱入後に「写真を撮ってください」とお願いすると快く応じてくれます。

 

コロナ禍以前は最後に「胡麻餅配り」がありましたが、今回2023年のプログラムには「胡麻餅配り」は記載されていませんでした。 (こちらは「胡麻餅配り」をするかまだ決定されていません。※2023年1月19日 確認済み)

 

なまはげ柴灯(せど)まつり2023で食事できる場所

今年2023年の「なまはげ柴灯まつり」の会場では婦人会によるお蕎麦がふるまわれる予定ですが、このほか会場内に特に食事ができる場所はありません。

 

食事をする場合にはサテライト会場「セドライト」で食事をすることができます。

サテライト会場は男鹿駅前のハブアゴー広場のことで、屋台が並び、温かい男鹿グルメをいただくことができますよ。

また「オガーレ&レストラン&カフェハブアゴー」も21:30まで営業を延長して行っています。

 

のぞみん
のぞみん

食事はこのサテライト会場でしてくださいね。

 

また、港湾地では全日21:10頃に花火が打ち上げられる予定です。

 

なまはげ柴灯(せど)まつり2023の周辺の宿泊情報

「なまはげ柴灯(せど)まつり」を見に行くのであれば、「男鹿温泉郷」の中のホテルに宿泊するのが王道と言えるでしょう。「男鹿温泉」から「なまはげ柴灯(せど)まつり」の会場まで臨時バスが出ていますので便利です。

 

のぞみん
のぞみん

現在、残り1ヶ月を切ってしまっているため、ほとんどの旅館・ホテルでは予約でいっぱいです。

 

調べてみたところ、現時点(2023年1月18日)では「男鹿温泉 男鹿萬盛閣」に2月10日(金)と2月12日(日)の宿泊の空きがあるようでした。

 

 

ちなみに秋田市内のホテルであれば、まだまだ予約の余裕がありそうです。

サテライト会場の最寄駅から「秋田駅」までは電車で1時間弱。

「道の駅おが」から「秋田駅」行きの最終は「22:44発 」(秋田駅「23:36着」)ですので、 「なまはげ柴灯(せど)まつり」の行事を見てから、屋台で食事を楽しんでも十分間に合いそうですね。

 

秋田市内のホテルをチェックしてみる

 

まとめ

この記事では

・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の基本情報
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の見どころは
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023で食事できる場所の情報
・なまはげ柴灯(せど)まつり2023の周辺の宿泊情報

 

 

のぞみん
のぞみん

お役にたてたら嬉しいです

お読みいただきありがとうございました

 

 

↓良かったらこちらをポチッとお願いします↓

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました