倉悠貴に彼女はいる?共演で噂になった人や好みのタイプは?

倉悠貴に彼女はいる?共演で噂になった人や好みのタイプは? 芸能・エンタメ

 

期待の大型新人倉悠貴(くらゆうき)さん。

「メンズノンノ」で発掘され芸能界入りし、わずか2年で映画の主演を演じるほど。

今回はそんな倉さんに彼女がいるのか、これまでに噂になった人がいるかについて調査してみました。

 

 

倉悠貴に彼女はいる?

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿

 

現時点で倉悠貴さんには特定の彼女がいるという情報はありません。本人も彼女がいるかどうかについては語っていません。

 

ちなみに倉さんが卒業した高校は高専で、ほぼ男子校。そして当時は古着屋さんでアルバイトしていました。

 

勉強とアルバイト、そして芸能活動で忙しかったことでしょうから、なかなか女性と出会うのも難しかったかもしれませんね。

もちろん、イケメンで明るくてきさくな倉さんですから、当時からモテたとは思うのですが。。。

 

それでは、倉さんの「好みのタイプの女性」ってどんな人なのか探ってみましょう。

 

倉悠貴の女性の好みのタイプは?

倉さんはかつてのインタビューで好みの女性について、このように語っています。

✓ぐいぐい引っ張ってくれる姉御肌タイプ
✓柑橘系の香りが似合うかっこいい感じの女性
✓優しさで包み込んでくれる女性

 

これを見ると、今の倉さんが求めているのは「年上の女性」かもしれませんね。

20代前半だと、女性に甘えたいと思う男性もいます。

 

倉悠貴は共演で噂になった人はいる?

2019年に俳優としてデビューした倉さん。わずか3年間にテレビドラマや映画など20近い作品に出演しています。

共演した人の中に噂になった女性(女優)はいたのでしょうか。

 

これまで出演した作品の中で、倉さんが主演を務めたは次の3つの映画です。

・夏、至るころ(2020年12月4日)
・スパゲティコード・ラブ(2021年11月26日)
・衝動(2021年12月10日公開予定)

 

この映画で共演した女優さんは誰なのでしょう。

 

夏、至るころ

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿


この映画は2人の男子高生・翔(しょう)と泰我(たいが)を焦点にして描いた作品なので、女優とさんとの「共演」というのはことさらありません。

倉さんは翔 の役を演じてています。

 

この映画は池田エライザさんの監督デビュー作として話題になりましたが、池田エライザさんは25歳と倉さんよりちょっと年上。

のぞみん
のぞみん

身長も170cmと高く、芯の強い女性ですから、倉さんの好みのタイプに当てはまりますね。

とはいえ、今のところ倉さんと池田エライザさんの噂はありません。

 

スパゲティコード・ラブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿

 

この作品は若者13人の生き方をモチーフにした作品で、5人の俳優と8人の女優が出演しています。

この作品ではフードデリバリーの配達員の羽田天役を演じた倉さん。

「共演」という意味においては厳密には複数の女優と共演したことになるのですが、この映画で重要な役割を果たす女性として言えば、桜庭心役を演じた三浦透子(みうらとうこ)さんを挙げることができます。

 

三浦さんも先ほどの池田エライザさんと同じく、倉さんよりちょっと年上。

エライザさんと比べると三浦さんの方が庶民的に感じるのですが、三浦さんは「緊張しない性格」のようで肝が座った感じですね。

頼れる女性としては倉さんのストライクゾーンに入るかもしれませんね。

 

衝動

 

この投稿をInstagramで見る

 

倉悠貴(@kura__yuki)がシェアした投稿

 

もうすぐ公開の映画『衝動』。

主人公のハチ 役を演じた倉さんですが、この作品ではトラウマで声が出なくなった少女・アイと出会います。

 

 

アイ役を演じたのは女優の見上愛(みかみあい)さんです。

見上さんは倉さんと同じ21歳。

年上ではありませんが、見上さんも心がしっかりしたタイプのようですね。

とはいえ、見上さんと倉さんの噂は出ていません。

 

まとめ

今回は期待の新人俳優の倉悠貴(くらゆうき)さんに彼女がいるのかについてまず調べてみました。

残念ながら(?)彼女がいるという情報はありませんでしたが、好きなタイプについての回答を見ると、どうやら、カッコよくて引っ張ってくれる姉御肌の女性に甘えたいようですね。

これから共演をするドラマや映画でそんな女性と出会うのでしょうか。

俳優としてのこれからの活躍とともに、女性との熱愛も気になります。

 

お読みいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました