ケツメイシが紅白初出場!なぜ今年(2021年)なのかを考察!錦鯉のおかげ?

ケツメイシが紅白初出場!なぜ今年(2021年)なのかを考察!錦鯉のおかげ? 芸能・エンタメ

 

ヒップホップグループのケツメイシが「第72回NHK紅白歌合戦」に初出場することが決まりました!

4日前のこの突然の発表に驚いた人も多いのではないでしょうか。

 

この記事では

・ケツメイシがなぜ今、2021年に紅白出場なのか?

 

にフォーカスし、考察してお伝えしたいと思います。

 

ケツメイシが紅白初出場

上の「NHK」のツイートにもあるように、 「ケツメイシ」が今年の紅白に出演することになりました。

歌う曲は「ライフイズビューティフル」です。

ちなみに「ケツメイシ」の出場は「特別枠」での出場ということになるようです。

 

ケツメイシが紅白初出場ネットの口コミは?

のぞみん
のぞみん

正直、このニュースで「なぜ今頃?」と思ってしまいましたが、その理由を考察する前に、ネットの声を見てみたいと思います。

 

 

ネットでは「ケツメイシ」の紅白の出場に「嬉しい!」という声が多く、概ね「歓迎」されているといった印象です。

 

ケツメイシが紅白初出場!なぜ今なのか(考察)

「ケツメイシ」が紅白に出場するのは私も、もちろん「歓迎」なのですが、なぜ「今」?という思いは多くの人にあるのではないでしょうか。

そこで、なぜ「ケツメイシ」が今回紅白に出場することになったのかについて考察していきたいと思います。

 

「錦鯉」のおかげ?

今年の「M-1グランプリ」ではお笑いコンビの「錦鯉」が優勝しました。

「錦鯉」のネタの最後に「ライフイズビューティフル」と言ったのがウケて笑いをとりました。

紅白はその年に流行ったものを重視していますので、もしかしたら、NHK側もこれを基準にしたのかもしれませんね。

 

サプライズで「錦鯉」が応援しに来る演出があるかもしれませんね?(笑)

 

デビュー20周年だから

「ケツメイシ」の結成は1993年ですが、メジャーデビューしたのは2001年4月。「ファミリア」でメジャーデビューしました。

今年はメジャー・デビュー20周年ということで、そのあたりも注目され、NHKの判断基準になったかもしれません。

 

ヒット曲があったから

当たり前の話ですが、紅白に出場するためには「多くの人に知られ愛されている」必要があります。

今回「ケツメイシ」が歌う予定の「ライフイズビューティフル」は、2007年に発表の『ケツノポリス5』に収録されている曲です。

この曲は大ヒットし、「ケツメイシ」の名曲とも言えるものです。

 

「ライフイズビューティフルだけではなく、「ケツメイシ」はデビュー以来、

「また君に会える」
「夢の中」
「トレイン」
「旅人」

などの数々のヒット曲を生んできました。

これが「紅白」の出演基準にかなったのではないでしょうか。

 

スケジュールがあいていたから

上のツイートにもあるように、「ケツメイシ」の紅白出場は土壇場になって決まった印象があります。

ちなみに「ケツメイシ」は現在「レビ朝日ミュージック」に所属しており、レーベルは「トイズファクトリー」( avex traxグループ)です。

どちらも大手ですから、「ケツメイシ」とは連絡もすぐ取れそうですね。

 

のぞみん
のぞみん

NHKといえども横のつながりはあるでしょうから、民放系列の事務所や他の出場歌手やグループが多く所属しているレコード会社とはすぐにコンタクトも取れるし、スケジュールの調整も可能でしょう。

 

「ケツメイシ」は年末に他にスケジュールがなかったので、すぐに「紅白出場」が決まったと言えそうです。

 

まとめると、

松田聖子さんの出場がなくなったことで、「あと一人/一グループを出場させなくてはいけない」ということになり、

誰を入れようか?→M-1で「ライフイスビューティフル」のフレーズが流行っている→「ケツメイシだ!」メジャーデビューして20年だし → 事務所に確認したらスケジュールも空いている!

 

という流れになったのではないかと推測します。

または、NHK側が既に出場が発表されている歌手やグループの所属する事務所に、誰か一人/1グループ推薦する人を出させて、その中から選んだのかもしれませんね。

 

ケツメイシのプロフィール

 

「ケツメイシ」の結成は1993年。

グループ名は、古い時代のの中国で下剤として使われたる薬草「決明子(けつめいし)」から。薬草の「全てを出し尽くす」という効用にあやかってとのこと。

メンバーのRyoさんと大蔵さんは実際、薬剤師の免許を持っています(東京薬科大学出身)。

実際、現在のメンバーとなり活動を新たに始めたのは1996年です。依頼、活動休止をすることもなく、今年で結成20年を迎えます。

 

ケツメイシのメンバー

 

「ケツメイシ」のメンバーは

Ryo(MC)
Ryoji(ボーカル・MC)
大蔵(MC)
DJ KOHNO(DJ)

 

の4人です。

Ryo

本名:田中 亮(たなか りょう)
生年月日:1972年11月26日
出身:兵庫県神戸市
担当:MC
イメージカラー:ピンク

 

影のリーダーと言われているRyoさんはラーメンが大好き。デビュー前に結婚。現在2人のこのパパです。

2000年に脱サラをして「ゆずき薬局」を経営、勤務しつつ音楽活動をしています。(Ryoさんは東京薬科大学出身で薬剤師の免許を持っています)

 

Ryoji

本名:大塚 亮二(おおつか りょうじ)
生年月日:1974年12月14日
出身:兵庫県神戸市
担当:Vo
イメージカラー:オレンジ

 

Ryojiさんはモデルの石川亜沙美さんと3回目の結婚をして翌年子供が生まれますが、2015年に離婚しています。

2016年にテレビ番組(「情熱大陸」)の中で「特発性大腿骨頭壊死症」であることがあかされました。(ちょっと心配ですね)

 

大蔵

本名:吉田 大蔵(よしだ だいぞう)
生年月日:11976年3月14日
出身:兵庫県神戸市
担当:MC
イメージカラー:グリーン

 

「ケツメイシ」のリーダーの大蔵さん。Ryoさんと同じ大学を卒業し、薬剤師の免許を持っていますが、それだけではなく、鍼灸師の資格も持っています。

大蔵さんも結婚しています。

 

DJ KOHNO

本名:河野 健太(こうの けんた)
生年月日:1977年6月28日
出身:広島県廿日市
担当:DJ
イメージカラー:ライトブルー

 

メンバーの中で唯一広島出身のDJ KOHNOさんは2003年に結婚。現在2人の子供のパパです。

 

まとめ

今回はヒップホップグループの「ケツメイシ」が紅白初出場のニュース発表を受け、

「なぜ今頃(デビューして20年たったのに)紅白に(初)出場」になったのかについて考察しました。

 

繰り返しになりますが、

今回松田聖子さんの出場がなくなったことで、時間的な「枠」が余ったことにより、

誰を入れようか?→M-1で「ライフイスビューティフル」のフレーズが流行っている→「ケツメイシだ!」メジャーデビューして20年だし → 事務所に確認したらスケジュールも空いている!

 

という流れになったのではないかと推測します。

勿論、「ケツメイシ」ファンにとっては嬉しいニュースだと思います。

31日の「NHKの紅白歌合戦」が楽しみですね!

 

お読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました