【鎌倉殿の13人】44話を考察しながら解説!感想と評判も|実朝が公暁に頭を下げるも..

【鎌倉殿の13人】44話を考察しながら解説!感想と評判も テレビ番組

 

この記事では2022年11月20日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第44話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第44話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】44話の考察と解説

後鳥羽上皇(尾上松也)の計らいにより、右大臣に叙されることとなった源実朝(柿澤勇人)。政子(小池栄子)が愛息の栄達を喜ぶ中、鎌倉殿への野心に燃える公暁(寛一郎)は三浦義村(山本耕史)のもとを訪れ、鶴岡八幡宮で執り行われる拝賀式について密談を交わす。三浦館の動きに胸騒ぎを覚える泰時(坂口健太郎)。一方、義時(小栗旬)の周りでは、朝廷と鎌倉の橋渡し役として存在感を高める源仲章(生田斗真)がのえ(菊地凛子)を……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/44.html

 

第44話は、源実朝(柿澤勇人)が右大臣拝賀式をとり行うまでの中で、北条義時(小栗旬)、公暁(寛一郎)、三浦義村(山本耕史)、そして実朝(柿澤勇人)のそれぞれの思い、思惑が描かれています。

 

第44話の見どころは

・源仲章の思惑
・公暁と母親つつじの会話シーン
・公暁に頭を下げる源実朝
・三浦義村のしたたかさ
・北条義時の思惑

 

のぞみん
のぞみん

今回も細切れで沢山のシーンが盛り込まれていましたね

 

1源仲章の思惑

 

北条義時(小栗旬)の妻ののえ(菊地凛子)に取り入って、先代将軍の頼家から実朝(柿澤隼人)になった経緯を聞こうとしたり、

執権の北条義時(小栗旬)に対して「頼家を殺したのはあなたではないか?」と詰め寄ってみたり.する源仲章(生田斗真)

仲章ののぞみは「人の上に立つこと」です。
将軍を京都から迎え、いずれ自分が支える心づもりです。
義時に対しては「血で汚れた誰かよりわたしがふさわしい」と言い放ちます。
常々、仲章のことを快く思っていなかった義時は刺客のトウ(山本千尋)に命令して仲章を暗殺しようとします。
ところがトウはこの企てに失敗してしまいます。

 

のぞみん
のぞみん

意外としたたかな仲章!

ネコにゃん
ネコにゃん

あの部屋の造りが気になる!警戒に警戒を重ねているのはさすが!

 

2 公暁と母親つつじの会話

公暁(寛一郎)はかつての乳母だった三浦家の三浦義村(山本耕史)と結託して、拝賀式の時に将軍・実朝(柿澤勇人)を討ち取ろうと計画しています。

 

公暁の母親のつつじ(北香那)は息子が何か不穏なことを企んでいるのではないかと思い、公暁の元を訪れます。

つつじは、
「あなたはあなたの道を生きるのです。鎌倉の別棟として立派に生きて欲しい。それが天から与えられた道です」と公暁に諭します。
しかし公暁は逆に「では母上の道とはなんですか?」と反発します。
それに対してつつじは
わたしは少しも後悔していない。頼家様が授けてくれたあなたがいるからですよ。」
「あなたがすべきは、千日の参籠(さんろう)を成し遂げること。父上の分も生きるのです!」
と息子の公暁に言います。
のぞみん
のぞみん

つつじは夫である頼家のことは仕方なかった。自分達が生き残るためにはどうするべきかを悟っていたんだろうね。

ネコにゃん
ネコにゃん

この会話シーンを見ると、頼家が愛しただけあるなって思ったよ。

のぞみん
のぞみん

これが義時の妻ののえなら復讐考えそうだけどね(笑)

 

3 公暁に頭を下げる源実朝

実は公暁(寛一郎)もそうでしたが、源実朝(柿澤勇人)も、先代将軍の源頼家(金子大地)がなぜ失脚したか知りませんでした。

 

のぞみん
のぞみん

2人とも頼家が病気で将軍の座を降りたって聞かされてたみたいね。

ネコにゃん
ネコにゃん

公暁に関しては、父親である頼家が「病気」のため志半ばで亡くなったと聞いて育ったみたいだね。

 

しかし2人とも、頼家が将軍の座を追われ、頼家をころしたのは 北条家=北条義時 であることを知ります。

 

のぞみん
のぞみん

実朝は三善康信(小林隆)に問い詰めて、ことの真相を知ったんだね。

 

 

真相を知った実朝は驚き、母親である政子(小池栄子)に、

「公暁が哀れでならない。なぜ公暁をないがしろにしてなぜ気にならないのか」

と批判、問い詰めます。

 

その後、実朝は公暁の元を訪れ、公暁に対して頭を下げるのです。

 

しかし公暁には通じない

実朝(柿澤勇人)は公暁に対して頭を下げ、
「さぞわたしがにくいだろう。お前の気持ちが分かる」というのですが、公暁からは「あなたにわたしの気持ちがわかるはずがない!」と言われてしまいます。
しかし公暁は実朝が憎いのではありません。北条が許せないのです。
それを聞いた実朝は「ではわたし達で協力しよう。鎌倉を源氏の手に取り戻そう。」と公暁に言います。
2人は分かり合えたように見えたのですが、実朝が去ってから公暁は
騙されるものか

と独り言を言います。

 

のぞみん
のぞみん

裏切りが横行していた鎌倉だから、公暁が信じられないのは当然だよね。

ネコにゃん
ネコにゃん

公暁を演じた寛一郎さんの表情、目つき、真に迫ってて上手だったね〜。

4. 三浦義村のしたたかさ

これまでも、御家人の不穏な動きをすぐに密告したり、和田義盛の謀反の時は和田側についたものの最後に裏切ったりなど…したたかな三浦の三浦義村(山本耕史)です。

今回も公暁(寛一郎)について、源実朝(柿澤勇人)や北条一族を討とうと考えています。

ところが義村は拝賀式には行かないことを選びます。

 

どうやら義村は公暁(寛一郎)の実朝暗殺の企てが失敗した時のことを考えていたようです。

 

のぞみん
のぞみん

公暁に協力していると見せかけて、失敗した時のことも考えての行動。したたかだね!

ネコにゃん
ネコにゃん

だからこそ、ここまで三浦が生き残ってこれたんだね。

5.北条義時の思惑

北条義時(小栗旬)は実朝(柿澤勇人)が右大臣に就任したり、そもそも都(京都の後鳥羽上皇)と近づくこを快く思っていません。

実朝は「いずれ私は京都に行こうと思う。ゆくゆくは御所を西に移すつもりだ。」と義時に伝えます。

義時は実朝がいずれ鎌倉を捨てていくことを知り、実朝に愛想が尽きてしまいます

それ故義時は、公暁(寛一郎)が拝賀式の時に実朝を暗殺する企てがあることを知った時も、わざと放っておくことにしました。
拝賀式当日、義時は太刀持ちとして参加します。
公暁が実朝を切ったら、義時はすぐに自分が公暁を斬るつもりです。
のぞみん
のぞみん

結局、義時はまた間接的に実朝も亡き物にするつもりなんだね。

 

次回への伏線

 

次回は実朝がいよいよ公暁(寛一郎)によって斬られてしまう回です(涙)。

北条義時(小栗旬)は「公暁が実朝を切ったらすぐに自分が公暁を斬るつもりだ」とは言ってるものの、次回予告シーンでは、そうはなっていない様子。

ネコにゃん
ネコにゃん

公暁は実朝を殺めてから自分が次の鎌倉殿になる要求をするんじゃなかったかな?歴史的には…

 

次回は公暁も消えていくと思われますが、その後、朝廷との亀裂が更に激しくなり、承久の乱へと進んでいく伏線となる…そんな回になると思われます。

 

【鎌倉殿の13人】44話の評判

第44話を見た人の感想をいくつか拾ってみます。

 

 

【鎌倉殿の13人】44話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の44話の見どころは

・源仲章の思惑
・公暁と母親つつじの会話シーン
・公暁に頭を下げる源実朝
・三浦義村のしたたかさ
・北条義時の思惑
このような内容でした。
次回は源実朝がいなくなり、そのことがきっかけでいよいよ「承久の乱」へと突入していきます。
のぞみん
のぞみん

次回も見ます!

 

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(01/29 09:36時点)
発売日: 2022/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第44話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年11月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第43話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第45のあらすじ・感想・評判」を読む ▶

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました