【鎌倉殿の13人】41話を考察しながら解説!感想と評判も | 和田義盛の壮絶な最期

【鎌倉殿の13人】41話を考察しながら解説!感想と評判も テレビ番組

 

この記事では2022年10月30日に放送されたNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第41話を考察しながらわかりやすく解説します。

 

のぞみん
のぞみん

感想や評判についても紹介しますね。

 

↓今回見逃した方はこちら↓

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第41話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】41話の考察と解説

鎌倉を守るために大江広元(栗原英雄)とも共謀し、反北条の旗頭となった和田義盛(横田栄司)の転落をもくろむ義時(小栗旬)。戦を回避するべく源実朝(柿澤勇人)と政子(小池栄子)が奔走する中、三浦義村(山本耕史)、八田知家(市原隼人)ら有力御家人は、義盛の陣営に集い情勢を見定めていた。そんな中、父・義盛の安否を心配する朝比奈義秀(栄信)らが打倒北条を目指して決起。一方、失意に暮れる泰時(坂口健太郎)は……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/41.html

 

今回の見どころは次のとおりです

・北条と和田の戦
・和田義盛の最期
・鎌倉殿が今後は都の上皇と相談して政治をし平和な世の中を作ることを決意する

 

 

1北条と和田の戦

「鎌倉殿の13人」の第41話は、北条家の北条義時と和田家の和田義盛との戦がメインでした。

 

のぞみん
のぞみん

久しぶりに戦闘シーンが見られたね。

 

戦シーンの前に今回注目したのは、

・和田義盛(横田栄司)が三浦義村(山本耕史)に北条家についてもいいぞと言う

・義村は遠慮なく北条家に寝返り、北条義時(小栗旬)に和田の戦法をバラしてしまう。

・義盛の側室の巴御前(秋元才加)も一緒に戦に参加したいと願うが義盛に思いとどまらせられる

・父の義時から戦の式を命じられる息子の北条泰時(坂口健太郎)は戦はしたくなく酒に逃げる

 

和田義盛は、鎌倉に行き、と鎌倉殿(源実朝/柿澤勇人)を取り返そうとします。

その時義盛は、「奸賊(かんぞく)義時に鎌倉殿を奪われてはならぬ!」というセリフを言います。

 

奸賊(かんぞく)とは?

悪人。心がねじ曲がった人のこと。

 

義盛と鎌倉殿は仲良しです。義盛は北条の手から鎌倉殿を救いたいと思っていたのです。

最初、戦いは五分五分のような感じでしたが、後に、和田側のついていた御家人達が離れて行き、和田は劣勢になっていきます。

 

2 和田義盛の最期

和田義盛(横田栄司)の最期は、北条義時(小栗旬)のずる賢い作戦によるものでした。

 

のぞみん
のぞみん

だまし討ちといってもいいかも

 

将軍・実朝(柿澤勇人)は和田の追討命令の書類を出すように北条義時(小栗旬)から言われましたが、最初これを拒否していました。

それでも、泰時(坂口健太郎)が戦に本気を出し、板戸で敵の矢を避けながら集団で敵に向かって行きます。また和田側の軍勢も少なくなって行きます。

 

 

戦の陣頭に立つ実朝

和田が劣勢になった頃、北条義時(小栗旬)は「鎌倉殿に戦の陣頭にたってもらいたい」と源実朝(柿澤勇人)に言います。

 

興味深いポイント!!

実衣(宮澤エマ)は戦の陣頭に出るなど「とんでもない!」と反対しますが、母親である北条政子(小池栄子)はと「戦をその目で見ていらっしゃい」と言います。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

さすが、初代鎌倉殿・源頼朝の妻の政子!

のぞみん
のぞみん

肝座ってる〜

ネコにゃん
ネコにゃん

将軍が戦を怖がってどうするって言ってたね

のぞみん
のぞみん

しかも乳母(めのと)は黙れと…やっぱ肝座ってる〜!

 

実衣は実朝の乳母ですが、ここに母親の政子と妹の実衣の貫禄の違いがありました

 

幾本もの矢を撃たれて息絶える和田義持

源実朝(柿澤勇人)は北条義時(小栗旬)に対して

「義盛は私が説き伏せる。命だけは取らぬと約束してくれ」と言います。

 

こうして実朝は戦に向い、和田義盛(横田栄司)と対面します。

そしてここからが、2人の対話。感動のシーンです。

↓↓

和田義盛:「俺は羽林(うりん=実朝のこと)が憎くてこんなことやったんじゃねー!」

源実朝:「わかっている。義盛、お前には罪はない。」「これからも私に力を貸してくれ。私にはお前が要るのだ。」

和田義盛:「もったいのうございます。その言葉を聞けただけで満足です」「これほどまでに鎌倉殿と心が通じ合った御家人は他にいたか?」(味方勢に向かって言う)

 

ところが三浦義村(山本耕史)の命令で、そこで一斉に和田義盛に矢が放たれます。

義盛は何本もの矢が突き刺さったまま息絶えます。

 

のぞみん
のぞみん

何十もの矢が突き刺さり、目をかっと見開いたままの義盛の壮絶な最期!

 

 

これに源実朝(柿澤勇人)は驚きショックを受けます。北条泰時(坂口健太郎)も父・義時を睨んでいます。

 

ネコにゃん
ネコにゃん

その場を背にして離れる時の北条義時の泣き顔がすごく印象的だったね。

 

3 鎌倉殿の決意

和田との戦が終わり、北条義時(小栗旬)は源実朝(柿澤勇人)に対して、「強い物が残る。恐れるから人はまとまる。」「それはあなたの父の源頼朝が言っていたことだ」と言います。

これを聞いて実朝は一つの決意をします。

実朝は義時に対して、

これからは万事、西の方に意見を聞いてから政(まつりごと)をしていく。心を許せる者はこの鎌倉におらぬ。

 

西の方というのは、都にいる上皇(後鳥羽上皇)のことです。

 

実朝は、自分は強くないから、強い人(上皇)の力を借りようと決意します。そうしたらもう血が流れることはないのではないか?と考えたからです。

実朝は「安寧(あんねい)の世を作る!私の手で新しい鎌倉を作る!」 と父の源頼朝から受け継いだしゃれこうべを手にしながら決意するのです。

(安寧=平和なこと。社会が穏やかであること)

 

その時、大地震が起こります。

 

 

次回への伏線

そんな実朝(柿澤勇人)は都の後鳥羽上皇(尾上松也)に和歌を送ります。

 

山はさけ 海はあせなむ 世なりとも 君にふた心 わがあらめやも
意訳:山が裂け、海が干上がってしまう(天変地異のような)、そんな世の中になって しまったとしても、あなたを裏切るような気持ちがあるわけはない。(あなたに忠誠を尽くします。)

 

実朝はもはや北条義時や坂東の御家人を誰一人信用していません。

のぞみん
のぞみん

実朝の上皇様へ助けを求める歌とも言えるね。

 

元々、北条家を嫌いな後鳥羽上皇。

次回は後鳥羽上皇が鎌倉の御家人達や北条義時とどう対応していくのかが見どころですね!

また、実朝は船を作って外国に行きたいと考えているようです。

 

【鎌倉殿の13人】41話の評判

第41話を見た人の感想をいくつか拾ってみます。

 

 

【鎌倉殿の13人】41話のまとめ

『鎌倉殿の13人』の41話は

・北条と和田の戦
・和田義盛の最期
・鎌倉殿が今後は都の上皇と相談して政治をし平和な世の中を作ることを決意する
というのがメインでした。
もはや坂東御家人は誰も信用していない実朝。都との関係がどうなっていくのか次回に期待したいと思います。
のぞみん
のぞみん

次回も見ます!

 

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 後編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(02/02 12:59時点)
発売日: 2022/05/27
Amazonの情報を掲載しています

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第41話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

「U-NEXT」では新規会員登録をして31日以内なら、無料トライアルで見ることができます 。

————————————————————————
本ページの情報は2022年10月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
————————————————————————

 

◀ 「第40話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第42のあらすじ・感想・評判」を読む ▶

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました