【鎌倉殿の13人】19話のあらすじと感想・評判 | 兄弟の亀裂と正妻と妾の対決

【鎌倉殿の13人】19話のあらすじと感想・評判 テレビ番組

 

NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第19話が2022年5月15日に放送されました。

 

のぞみん
のぞみん

あらすじと感想をお話したいと思います。

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第19話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

【鎌倉殿の13人】19話のあらすじ

鎌倉入りを許されず京で悲嘆にくれる義経(菅田将暉)。義時(小栗旬)は大江広元(栗原英雄)に知恵を借り、源頼朝(大泉洋)と義経との関係修復を模索するが、後白河法皇(西田敏行)はそれを許さない。愚痴をもらす頼朝に対し苦言を呈す八重(新垣結衣)。この状況を政子(小池栄子)が憂う中、京では義経をめぐって里(三浦透子)と静(石橋静河)が対立。さらに源行家(杉本哲太)が義経に近づいて頼朝への疑心をあおり……

引用:https://www.nhk.or.jp/kamakura13/story/19.html

 

第19話では鎌倉入りを源頼朝(大泉洋)から拒否された源義経(菅田将暉)は京都に戻ります。

妻である里(三浦透子)も鎌倉に戻ってきてはならないと言われ「離縁してくれ」「静御前と一緒になればいいではないか!」というシーンから始まります。

 

1.頼朝を打倒しようという行家

京都に戻った源義経のもとに叔父の源行家(杉本哲太)が訪ねてきて、源頼朝を打ち取ろうという計画を持ちかけてきます。

 

2. 伊予守(いよのかみ)に推薦された源義経

頼朝(大泉洋)達はそんな中、なんとか京都に義経を(菅田将暉)を京都から出そうと画策し、義経を伊予守(いよのかみ)に任命をさせます。

そうなれば検非違使を辞め、鎌倉にいる兄の頼朝のもとに戻ることができます。

その知らせを聞き、静御前と嬉しそうにする義経です。

 

ところが後白河法皇は検非違使の任務を解きません。つまり京都から出られないということです。

困ってしまった義経。京都から戻れなくなります。

そのことに源頼朝(大泉洋)は立腹します。

 

 

3. 仲直りしたいけどできない

そこに訪ねてきた八重(新垣結衣)。源頼朝(大泉洋)はかつての妻だった八重に今回の件を相談します。

八重は頼朝と義経のことを、普段接している子どもたちの例になぞらえ「仲直りしたいけどできない」と言います。

 

4.義経を父の源義朝の供養に戻そうという計画

京都を出られない源義経(菅田将暉)。

そこで源頼朝(大泉洋)の亡くなった父・源義経)の供養の式典に義経を呼び、京都から出そうと頼朝や北条義時(小栗旬)らは計画をします。

 

しかし、後白河法皇(西田敏行)の嘘の縁起(倒れたフリ)で結局、鎌倉に戻れなくなってしまいます。

 

5.里と静御前

「義経の目の前から消えろ」と静御前に言う正妻の里。

お腹の中に義経の子供がいると答える静御前(石橋静河)。

あとは2人で話し合えという義経(菅田将暉)

のぞみん
のぞみん

3人で話すというのも今なら考えられないですが、後は話し合えって…(汗)

 

里(三浦透子)はそんな義経に業を煮やしたのでしょうか、後に、静御前と義経が居る所を武家人達に襲わせて、静御前だけを討ち取るように依頼します。(それもコワイですね)

ところが、叔父の源行家(杉本哲太)はそれを、「源頼朝(大泉洋)がつかわせた刺客だ!」と言い、再度、義経と頼朝を戦わせようとします。

 

6. 後白河法皇が頼朝を討ち取る命令を出す

そんな中、後白河法皇は源義経(菅田将暉)に、源頼朝(大泉洋)を討ち取る命令を出します。

挙兵の準備をする義経。

 

それを聞いた頼朝は「京都に攻め入る!」御家人の前で言います。

しかし義経の強さを知っている御家人は挙兵に反対をします。

恐れる御家人をよそに、梶原景時(中村獅童)は、「戦の総大将にしてくれ!」と言います。

それに続く三浦義村(山本耕史)や畠山重忠(中川大志)ら。

 

7.義経は兵が集まらず

源頼朝(大泉洋)自ら戦に立ちます。

一方、義経の方には兵が集まりません。しかも叔父の源行家(杉本哲太)の今更の裏切り。

 

源義経(菅田将暉)は逃げることを決めます。

妻の里(三浦透子)を一緒に連れていきますが、静御前(石橋静河)は連れて行きません。

里は比企家の娘であるため、人質として連れて行く、静御前には後で迎えに行くと言います。

 

8. 後白河法皇の裏切り

そんな中、後白河法皇はこれまでとは反対に、源頼朝(大泉洋)に「源義経を討ち取る命令」を出します。

北条時政(坂東 彌十郎)と北条義時(小栗旬)は京都に出向き、後白河法皇(西田敏行)と謁見します。そして坂東には地頭を起き、源頼朝が治めることを交渉します。

のぞみん
のぞみん

交渉というよりはある意味、「源頼朝が信頼していないから」という脅しでした。

 

9. 源義経「私の何がいけなかった」

そんな中、変装した源義経(菅田将暉)が北条義時(菅田将暉)と父の北条時政(坂東 彌十郎)が訪ねてきます。

奥州(東北)に逃げるという義経。止める義時。

 

「御台所(北条政子)の膝の暖かさを忘れないと伝えてくれ」という言葉を残し、立ち去る義経。

 

 

【鎌倉殿の13人】19話の感想

第19話では、さまざまな人間関係・人間模様が描かれていたと思います。

・頼朝と義経の兄弟に亀裂が入っていく様子
・義経の正妻の里と愛人の静御前との対決
・後白河法皇のしたたかさ(腹黒さ)

八重のセリフのように、本当は頼朝も義経も仲直りしたかったのだと思います。

そうできないのはプライド(特に頼朝)と、お互いの立場、そして時代というのがあったためだったのでしょう。

なんともやるせない気になりました。

「やるせない気持ち」って、今回だけじゃないんですけどね。

 

のぞみん
のぞみん

それにしても後白河法皇って腹黒い!

あと、思ってたより静御前が気の強そうな女性に描かれていたのが印象に残りました!(笑)

 

【鎌倉殿の13人】19話の評判

番組視聴後に19話を見た人の感想を紹介します。

 

 

 

【鎌倉殿の13人】19話のまとめ

19話では、

・源頼朝と源義経の兄弟の亀裂
・義経の正妻の里と妾の静御前の対決
・したたかな後白河法皇と奥州に逃げる義経

 

が、主な出来事でした。

 

次回も見ます!

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

\\「U-NEXT」のトライアル&ポイント利用で第19話を無料で視聴可♪//
NHKオンデマンド「鎌倉殿の13人」を観る

 

 

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

鎌倉殿の13人 前編 NHK大河ドラマ・ガイド

1,089円(01/29 07:59時点)
発売日: 2021/12/25
Amazonの情報を掲載しています

 

「第18話のあらすじ・感想・評判」を読む | 「第20話のあらすじ・感想・評判」を読む

 

↓こちらをポチっとクリックお願いします


大河ドラマ・時代劇ランキング

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました