布袋寅泰のロンドンの自宅の場所はどこだった?どこのライブハウスでライブをやったの?

布袋寅泰のロンドンの自宅の場所は?どこのライブハウスでライブをやったの? 芸能・エンタメ

 

デビュー40周年を迎えたミュージシャンの布袋寅泰(ほていともやす)さん。

2月3日(金)から期間限定のドキュメンタリー映画「情熱と栄光のギタリズム」」が公開されました。

 

そんな布袋さんは2012年から2020年まで家族とともにイギリスのロンドンに住んでいました。

現在は日本に戻って来た布袋さんですが、2月10日(木)には『徹子の部屋』に出演し、移住した当時のことやロンドンでの生活についても語りました。

 

この記事では、番組の予習として

・布袋寅泰さんがロンドンで住んでいた場所
・布袋寅泰さんがロンドンでライブをやった場所
・徹子の部屋で語っこと(追加情報)

 

この3つについて調べてお伝えしたいと思います。

 

布袋寅泰のロンドン自宅の場所

 

この投稿をInstagramで見る

 

布袋 寅泰(@hotei_official)がシェアした投稿

 

布袋さんが住んでいたのはロンドン市内の「バーンズ地区」という所です。

「バーンズ地区」は高級住宅街として知られており、ロンドンの中心部から電車とバスで数十分と便利な場所にあります。

↓Googleアースで見るとこのあたりと言われています。

googleアース

 

この家は、古い一軒家を改築したもので、家賃が80万円以上すると言われています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

布袋 寅泰(@hotei_official)がシェアした投稿

落ち着いた感じのお部屋ですね。インテリアも素敵♪

のぞみん
のぞみん

こんなお家に住んでみたーい♡

 

布袋寅泰はロンドンのどこでライブをやったの?

ロンドンでは複数の場所でライブを行った布袋さん。

どんなところでライブを行ってきたのでしょうか。それぞれ見てみましょう。

 

ランドハウス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Roundhouse(@roundhouseldn)がシェアした投稿

布袋さんが渡英後に初めてライブを行ったのは2012年の12月18日。この「Roundhouse」(ラウンドハウス)でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

布袋 寅泰(@hotei_official)がシェアした投稿

「Roundhouse」はロンドンのカムデンの中心部にあり、かつては鉄道の転車台でした。収容人数も1700人と、大きめのライブハウスです

ピンク・フロイドやジミー・ヘンドリックス、デヴィッド・ボウイなど、超ビッグ・アーティスト達がこのライブハウスの舞台に立ちました。

「Roundhouse」住所:Chalk Farm Rd, Chalk Farm, London NW1

 

シェパーズ・ブッシュ・エンパイア

 

この投稿をInstagramで見る

 

布袋 寅泰(@hotei_official)がシェアした投稿

 

布袋さんは2013年11月9日にロンドンの『シェパーズ・ブッシュ・エンパイア』(Shepherds Bush Empire)でライブを行っています。

「布袋寅泰 HOTEI LIVE IN LONDON」という番組名でWOWOWでも様子が放映されました。

上のインスタグラムは2018年10月20日のものですが、このライブを見に行った人の口コミもあります。

思ったより大きな箱で驚きました。3F席まであってざっと2,000人弱は入れてしまうのでは?映画館スタイルというよりはミュージカル劇場な造り。とても観やすかったです。
場所は Shepherd’s Bush Green(公園)沿いにあり、Dorsett Shepherd’s Bush London ホテルの並びです。

引用:Tripadviserより

 

Shepherds Bush Empire 住所: Shepherd’s Bush, W12, London W12 8TT, England

 

ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール

 

この投稿をInstagramで見る

 

Royal Albert Hall(@royalalberthall)がシェアした投稿

 

単独ライブではありませんが、布袋さんは2016年10月21日にイタリアの国民的アーティストであるズッケロのロンドン公演に出演しました。

 

場所は「Royal Albert Hall of Arts and Sciences(ロイヤル・アルバート・ホール)」です。

Royal Albert Hall of Arts and Sciences住所:Kensington Gore South Kensington London SW7 2AP

 

ホクストンバー

 

2019年10月26日に布袋さんはロンドンの「ホクストンバー(Hoxton Square Bar & Kitchen)」でライブを行いました。

こちらはちょっと小さめのライブハウスのようです。

このライブを見た方のライブレポートがこちらにあります。

Hoxton Square Bar & Kitchen 住所: 2-4 Hoxton Square, London N1 6NU, United Kingdom

 

徹子の部屋で布袋寅泰が語ったこと

12月10日に『徹子の部屋』に出演予定の布袋寅泰さん。

実は布袋さんは2020年の年末に日本に一時帰国しています。

理由は2021年にアーティスト活動40周年を迎え、記念公演をするため、それにむけての一時帰国でした。

現在ロンドンの家には奥様の今井美樹さんが一人で暮らしているそうです。娘さんは去年大学受験で大学の合格して一人暮らしのため家を出たようですね。

のぞみん
のぞみん

番組では「イギリスに帰ってない。半年ほど家族と会っていない。」と言ってましたので、2021年には一度ロンドンに帰国しているということですね。

 

この他、ロンドン暮らしに関して「徹子の部屋」の番組内ではこんなことを語りました。

ロンドン移住の夢は今井美樹にプロポーズする時に言った♡

 

行きつけの花屋があって奥さんによく花を買って帰る。

 

家に小さな庭があって、ロックダウン中は「園芸」に手を出す。

 

家では料理もする(いわゆる男の料理)。

 

自宅でレコーディングしたり、ミュージシャン仲間とダイニングでわいわいとセッションをした。

 

そしてライブ活動を最初にした当時のことについては、

コンサートやっても客が来ない、チケットが売れない。しかしそれを繰り返していき、ドイツなどヨーロッパの国からオファーが… よし!と思ったところにコロナ…。

また、布袋さんは「ローリング・ストーンズ」とも共演したことがあるのですが、その時に

ミック・ジャガーと楽屋でちょっと打ち合わせをする。エア・ギターで「今日はこんな感じでいけ!」と打ち合わせし、そしてステージへ…

 

あの「ローリング・ストーンズ」と共演するなんて本当にすごいことですよね!

そしてそれを知った娘さんの学校の校長先生が

君のお父さんは本当にすごいね!と驚かれた。

 

などなど…色々なエピソードが30分という短い時間の中で満載でした。

 

還暦を迎え、ますます活動的な布袋寅泰さん。

英国移住で10年、活動して40年 アルバム20枚目リリースと、今年は区切りがよく一つの節目であると語ってくれました。

まとめ

この記事では

・布袋寅泰さんがロンドンで住んでいた場所
・布袋寅泰さんがロンドンでライブをやった場所
・徹子の部屋で語っこと(追加情報)

 

この2つについて調べてまとめました。

のぞみん
のぞみん

楽しんでいただけたでしょうか。

 

Still Dreamin’ (初回生産限定60th Celebration Edition 

 

 

のぞみん
のぞみん

お読みいただきありがとうございました

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました